マーケティングの要諦は、相手との体を入れ替えることにあり。

公開日: : 最終更新日:2019/10/08   ●自分の仕事論!

マーケティングの要諦は、相手との体を入れ替えることにあり。

会社には予算があり、売上と利益を上げなければなりません。

どうやったら売れるだろう?を考える。

売上を上げるために「どうやったら売れるのだろう?」と考えます。

「どうやったら売れるか?」、多くの人が考えることです。

一見、どこもおかしい考えには見えませんが、実はここに大きな落とし穴があります。

「どうやったら売れるか?」は、自分が主語になっています。

自分たちの売上を上げるために、何とかお客さまに買わせようと考える。

しかし、それではなかなかうまくいきません。

なぜなら、自分たちの都合に合わせて売ろうしているからです。

魚釣りをするときのことをヒントにする。

人を動かす 文庫版 にこんな一節が書かれています。

魚釣りをやる場合、自分の好物のことは考えず、魚の好物のことを考える。苺ミルクをエサに使わず、みみずを針につけて、魚の前に差し出し「ひとつ、いかが」とやる。

なるほど。

魚釣りをするのに、自分の都合で自分の好物の苺ミルクをエサにつけることはしませんよね。

当たり前ですが、魚を釣るには、魚が食いつきたくなるエサを針につけるのは、誰もがわかることです。

つまりは、相手の立場に身を置いて考えようね、ということです。

マーケティングの要諦。

では、どうしたら良いのでしょう?

結局のところ、こちらの都合や状況なんて、相手は何の興味もありません。

こちらがいくら「売上を上げたい!」と思っていても、そんなことに興味なんてありません。

ということは「どうやったら売れるか?」という考えではなく、体を入れ替えて「どうしたら買いたくなるか?」の視点で考えることが必要です。

相手の好むものや抱えている問題にフォーカスして、その欲求を手に入れるための方法を提示すれば、買いたくなる可能性は高まります。

「どうしたら売れるだろう?」を考えるなら、「どうしたら相手は買いたくたくて仕方なくなるだろう?」を考える。

その思考習慣こそが、マーケティングの要諦だと思います。

 

 

●「マーケティングをやらないと。。」と思ったらお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

↓Kindleで本を出版してみました↓

関連記事

【失敗から学ぶ】上から目線の人は、上手な転び方を知らない。

組織で仕事をしていると、上から目線で来る人がいます。 それはそれで新たな気付きもあるの

記事を読む

計画がない行動は、不安を生み出す。

計画がない行動は、不安を生みます。   息子の勉強のやり方について、ヨ

記事を読む

オムニチャネルコマースの時代、ただのアクセス解析では不十分。

ユーザーの動向を知るためには、よくアクセス解析が用いられます。 そのアクセス解析といえば、Go

記事を読む

no image

数字に表れない部分を見るためには。

ひとつの目標として、自分の中で掲げている裏予算達成に向けて動いています。 そのための戦略をつく

記事を読む

no image

自ら考えて、自ら行動できるようになるために。

一昨日のブログを読み返して、ボクのチームのメンバーに自立して仕事ができるようにしていることをメモメモ

記事を読む

時間コストを考えない思考では、うまくいくことはない。

時間コストを考えない経営は、うまくいかないと思います。 それぞれの価格。 みなさまの周り

記事を読む

洗面所の電気の消し忘れから始まる(?)夫婦の溝に学ぶ。

人によって、気になるポイントは異なります。 そのポイントにどういう意識で接するか?とい

記事を読む

テレビを見るより、ゲームをするより、リラックスできること。

先日、とあるセミナーで知り合ったFさんとお話をする機会がありました。 聞けば、33年間

記事を読む

事業はうまくいくときはうまくいくから、うまくいかないときのためにどうするか?を考えておく。

事業って、思い通りにはいかないものです。 いくら立派な戦略や戦術をつくっても、うまくい

記事を読む

営業で成果を出すには、理論や数値だけでない部分も大切。

  #773 営業で成果を出すには、理論や数値だけでない部分も大切。  

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、事業会社の営業育ちのマーケターです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタル時代のてマーケティングの設計・運用を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑