◆このブログについて

  

ご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

はじめまして。

the 3rd works.ltd 代表 コジマ カズヒロと申します。
(本業サラリーマン、二児の父、ヨメに頭が上がらないよくいるオジサン)

  

本ブログは、「サラリーマン既婚子持ち住宅ローン有」のごく一般的な属性の筆者が、

3000日(9年‼)以上続けているブログです。

 

人生100年時代、どうしよう?」という漠然とした不安をきっかけに、「人生に本気で取り組まないと、詰んでしまう」とあせり、”A面”でのメインの会社の仕事はもちろん、”B面”での家庭とのバランスを取りつつ、今の時代に合わせつつ、在りたい自分のライフスタイルの状態に近づけるために試している思考や行動を中心に綴っています。

個人的には、”A面”のメインのサラリーマンの仕事でパフォーマンスを上げるには、”B面”での活動が必要だと思っています。

ゆえに、 the 3rd works.ltd という会社をつくり、会社、家庭に続く3番目の”仕事”によって相乗効果を発揮して、人生100年時代を楽しむ人を増やしたいと考えています。

自分も現在進行形で動いていますので、その中での気づきやアイデアをシェアするためにこのブログを続けています。

 

  

■【サラリーマン複業化戦略】とは?

昨今ブームににもなっている副業。

ただし、このブログでは、そうした”副業”と”複業”は別物です。

”副業”とは、具体的には手軽に始められるアフィリエイト、株、投信、FX、アルバイトといったものをイメージしています。

”副業”はあくまでも主があり、余った時間で取り組み、お小遣い稼ぎをするという側面が強いイメージです。

もちろんこれらが悪いわけではありません。

(ボクも資産運用の一環として株や投信、不動産投資もちょこっとだけやっています。)

ただ、こうした副業の参考にするのであれば、ボクが発信する情報はあまり価値がないと思います。

ボクが定義する【複業】とは、こういったイメージです。

  

・社会との接点を生む。

会社中心のコミュニティにしか所属していないと、

知り合いの属性はもちろん、体験できる世界に限りがあります。

よく聞きますよね、「会社を定年退職したら、やることもなく、

ヒマになってしまって、ボケてしまった。」なんて話。

複業をすることで、今まで知り得なかった世界を体験したり、

世代との交流が生まれて、毎日新しい発見があり、ボケてるヒマはありません。

つまり、社会との接点を増やすことで、ボケを防ごうということです。

  

・収入を生む。

このブログで定義する複業をするには、自分が持っているスキルや資源を、

社会で役立てるための編集することが必要です。

その編集をして、価値を提供したら、キトンとお金をいただくことが大事です。

お給料としてしかお金を手にしていないサラリーマン(ボクも含む)にとっては、

ここのハードルは高いかもしれません。

しかし、お金をもらうことで、より良い価値を創ろうと真剣に考えるし、

事業を継続させるためにも利益は必要だし、メリットしかありません。

なので、このブログで定義する複業では、収入を増やすことも目指します。

   

・バランスを取り、相乗効果を生む。

複業化に取り組む前提として、会社の仕事での成果を出す努力はもちろん、

複数の業に取り組み、さらには家庭円満のためにもヨメの機嫌も取ることを忘れてはいけません。

それらのどれが欠けても、ボクが考える『複業化』は成り立ちませんので、

バランスを取る必要があります。

時間的な観点から考えると、人や状況によって変わると思いますが、

新しく複業化に充てる時間のベースとして、

平日1.5時間、休日2時間、月間50時間程度のイメージです。

50時間程度であれば、工夫すれば何とかイケる範囲だと思っています。

  

・迷いを減らす。

「四十にして惑わず」と言われますが、ボク自身は惑いまくりで、惑うことに惑わなくなりました。

迷いがあるということは、考えてみれば理由はカンタンで「明確な目標がない」ということです。

明確な目標があれば、1日24時間の中で、

誰しもそのゴールに向かって努力をするし、ゴールに近づかないことはやりません。

とはいっても、今の時代、ボクのように目標が無い人は、案外多いと思います。

目標が無い理由は、

「いや、そうは言っても、時間ないし」

「わかっているけど、仕事が忙しいし」

「住宅ローンもあるし、思い切ったことはできないし」

というできない”理由”をつくるのがとてもお上手。

ボクも、できない理由を言わせたら右に出るものはいないと思います。

しかし、この複業をすることで、暫定的にでも目標を持つことになるので、

そうした迷いが減っていくハズ(現在進行形なので、まだ不明確ですが。。。)です。

  

  

■ちなみに【ドメインの3knot】とは?

3Knot(さんノット)とは、船のスピードを表しています。
時速にして、約5.5km/h。ちょうど歩くスピードくらいでしょうか。
仕事や家庭など毎日が忙しくて、変わりたくても時間がなくて、
「ゆっくりしたスピードしか出せない」を表現しています。

人が変わるには、変わるための行動が必要です。
「変わってやる!」と強く思っても、行動しなければ何も変わりません。

「痩せてやる!」といくら強く思っても、
食習慣を変えたり、運動をしなけば、痩せることはできないのと同じです。

そして同じような毎日を過ごしていても、変わることはありません。
何かを変えるには、時間の使い方、お金の使い方、つきあう人、言葉使い、日々の習慣を変える必要があります。

そうはいっても「そこに投下する時間がない」と言うのが現実。

なぜならば、会社員として日々仕事に追われ、家に帰れば子供たちとの時間を確保し、時には嫁の機嫌取り、住宅ローンの呪縛、、、。

「変わりたい!」けれど、様々な事情によって可処分時間が少なく、「変わる」スピードが出しにくい人のことを【3Knot】と表現しています。

熟読するも読み流すのも、自由な形でご活用ください。

 

 

【経 歴】

・サラリーマンで、営業職で管理職をしたのち、マーケティング部で、オムニチャネルとか、EC、デジタルマーケティング領域を主に担当しています。

・ひとりビジネスの会社【The 3rd works】代表。サラリーマンに複業化計画を企画しています。

・元【せたがやパパの会】代表。父親の育児ブームのときに世田谷区から助成金を頂いて、フリーペーパー作成や写真撮影サービスを展開しました。

・2013年 湘南国際フルマラソン(何とか)完走。

・2014年 古河はなももフルマラソン(死にそうになりながら)完走。

・2020年 6年振りのフルマラソン完走に向けトレーニング再開。

複業に関してのサービスは、こちらからどうぞ!