同じ景色を見て、何かに気がつき、何を思うかが大きな差を生む。

公開日: : 最終更新日:2019/10/11 ◆ 【WEBデジタルの仕事】,   ●マーケティング関連

同じ景色を見て、何かに気がつき、何を思うかが大きな差を生む。

仕事でも、日常生活でも、同じ景色の中の変化に気がついて「なぜだろう?」と考えることはとても重要です。

同じことを見て何を考えるか。

会議や打合せをしているときに、一人ひとりが「何を考えているのか?」を読み取る努力をしています。

何を読み取るかと言えば、「同じ資料を見て、何を考えるのか?」という点です。

例えば、会議には数字がつきものです。

ただ、同じ数字でも、その数字を見る視点、読み解き方、課題感、着地方法、決断の仕方は、人それぞれ違います。

売上に関連する数字を見て、そこに変化を見て取って、原因を確認したり、次の手を講じる人もいれば、ただ数字を眺めるだけで、何も考えていない人もいます。

ボクは、前者の人の言動から「ふむふむ、そういう見方をすれば良いんだな。」ということを学ぶようにしています。

それが、自分のチカラとなり、知恵となるからです。

そもそも気がつけるか。

一方で、日常生活。

会社の会議や打合せと違って、その難易度は上がります。

会社の会議や打合せはキチンと資料があるので、それをどういった視点で見て、どういうフレームワークを使って考えれば良いかを学べば、ある程度イケるものです。

しかし、日常生活においては、同じような景色や出来事に気が付かなければなりません。

そして、その中に自分で変化に気が付き、それに対して「なぜだろう?」や「こうしよう」を持つことが求められます。

例えば、会社から家に帰ってきたとき。

いつもと同じような日常空間が目の前に広がっていますが、その風景の中にちょっとした変化があるかもしれません。

しかし、もしかしたらヨメさんが美容院に行って髪の毛を切っているかもしれないし、テーブルにキレイな花がソッと飾られているかもしれないし、そうした変化に気がついて、何らかのアクションをしなければ、家庭内の平和も守れません。

日常生活にせよ、仕事にせよ、変化に気がつくことができるか否かは、とても重要です。

時間と共に大きな差になる。

そもそも、同じ景色や出来事の中の何かに気がつけるか、気が付かないか?

そして、景色や出来事は同じように見えても、そこから何かを読み取ろうとするか、何も考えないか?

それは、一人ひとり違います。

どちらが良い悪いではありませんが、時間と共にきっと大きな差が生まれることでしょう。

 

 

●「マーケティングをやらないと。。」と思ったらお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

↓Kindleで本を出版してみました↓

関連記事

no image

あなたは大丈夫?それは答えになっているか?

あなたは大丈夫?それは答えになっているか?   どうでもいいことなんですが、ヨメと

記事を読む

no image

DA PUMPのUSAを娘から習う理由。

DA PUMPのUSAを娘から習う理由。   DA PUMPのUSAの振付を完全に

記事を読む

歳を重ねるにつれて新しいことをするのが億劫になるからこそ、意識的に新しいことへチャレンジするべし。

人は、歳を重ねるにつれて、新しいことをするのが億劫になります。 ここで思うのは、新しい

記事を読む

問題にぶち当たったら、問題を裏返す。

マーケティングを設計していて何か問題があったとき。 「ああ、なんでこんなに問題ばかりな

記事を読む

なぜ?なぜ?と聞くのは、仮説と根拠を明確にするため。

ボクは、部下に頻繁に「なんで?」と聞きます。 もちろん、詰問したいわけでも、議論したい

記事を読む

公文もマーケティングも、取り組み方は同じ。

公文では、自分の学年より3学年分先に進むと、トロフィーみたいなものがもらえます。 例え

記事を読む

メンバーのモチベーションを保つために必要な3つの要素。

会社というステージでメンバーにモチベーションを保ってもらうには、3つの要素をバランス良く整え

記事を読む

no image

街の写真館のおじいちゃんカメラマンの悲劇。

先日、カメラマンの友人と久しぶりに飲みました。 そこでの話に思ったこと。 街の写真館

記事を読む

no image

小売店は、何のためにセールをやっているのでしょう?

小売店ネタになりますが、セールって何のためにやるものでしょう?   ボクのイメ

記事を読む

成長には接点を増やすのが一番!

一年を振り返ってみると、ホントにあっという間。 しかしながら、この1年でもがき苦しみな

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、事業会社の営業育ちのマーケターです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタル時代のてマーケティングの設計・運用を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑