子どもたちへの将来への影響を考えたら、禁句リストの活用は必須だと思った。

公開日: : 最終更新日:2019/10/10   ●マーケティング関連

子どもたちへの将来への影響を考えたら、禁句リストの活用は必須だと思った。

自分の中での禁句リスト。

禁句リストに書き込んでいる言葉は、子どもたちの前に限らず、いつでもどこでも絶対に使わないように心掛けています。

禁句リストで口にしなくなった。

ボクの中での禁句リスト。

例えば、「疲れた」「忙しい」「時間がない」「だって」「でも」「どうせ」を始め、人の悪口、世の中への文句、ため息などは絶対に使わないようにしています。

禁句リストを作る前は、頭の中でそういった言葉がポッと出てきたら、そのまま口にしていましたが、今はもしその言葉が出そうになったら、禁句リストの存在を思い出すようになりました。

その結果、感覚的にいうと以前は10回そうした言葉が頭に浮かんだら5,6回は言葉にしていましたが、今ではほぼ使わないまでに。

使わないでいると、タバコをやめたときのように、一時的は「ああ、疲れたっていいたい!」みたいな禁断症状が出ますが、一定期間をすぎると「なんであんなに思考に悪いのに、使っていたんだろう」と不思議に感じるときがきます。

それによって、自分の頭の中の思考回路が変わった感覚を持てるとともに、人がそうした言葉を使うことに敏感に反応してしまうようになりました。

禁句リストのきっかけ。

この禁句リスト。

そのメリットは理解していたつもりでしたが、以前はなかなか実行に写せませんでした。

しかし、あるときから禁句リストを活用したんです。

そのきっかけは、子どもたちが「つかれた」「面倒くさい」といった言葉を、なんの意識もしないで使っているのを目の当たりにしたことです。

小さい子供たちが、ちょっとでも疲れたら「あ~疲れた」、少しでも面倒くさいことがあると「あ~めんどくさい」と口にするんです。

あるとき、気になったので注意をしたら、「パパだっていつも言ってるのに。」と返されて何も言えなくなりました。。。

子どもたちへの影響を考えたら。

子どもたちは、親の言動を見て育ちます。

親が何気なく使っている言葉、何気ない行動を見て、それをマネします。

自分がモノを片付けないのに子供に「ちゃんと片付けなさい!」と言ったり、自分がいつも「あ~疲れた」と言っているのに「子供なんだから、疲れたなんて言わないの!」と言ったところで、なんの説得力もありません。

と言っても、片側では「パパはほんとに疲れているんだから、疲れた~と言ってもいいじゃん!」という考え方もあります。

ただ、親としての一挙手一投足や一言一句が、子どもたちの思考に影響を与えることを考えたらどうでしょう。

ボクは、子供たちにより幸せな人生を送って欲しいので、少しでも良い影響を与えたいと思うので、禁句リストの言葉は使わないようにしています。

 

 

●「マーケティングをやらないと。。」と思ったらお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

↓Kindleで本を出版してみました↓

関連記事

会議でこの言葉が出てこない会社はかなり危険。

打合せをしていて思ったこと。 「こんな調子じゃ、マーケットから置いていかれちゃうな。。

記事を読む

no image

負のポタポタ言葉は即座に止めるべき。

鍾乳石は、1cm高くなるのに、70年かかるそうです。 たった一滴の雫から始まり、ポタポタポタポ

記事を読む

店舗出店のポイントは「立地」ではないと思うけど、どうでしょう。

店舗を出店するときに大事なことは何でしょう。 多くの人が「立地」だと考えます。

記事を読む

no image

気が付かないうちにチャンスをつぶしていないか。

気が付かないうちにチャンスをつぶしていないか。   よく「チャンスが欲しい」「チャ

記事を読む

no image

結局は、本気じゃないから行動していないんだよね。

会社の状況が悪いとき。 あなたならどうしますか? 危機感を感じている人。 利益は、空気のよ

記事を読む

no image

ECやWEBの理解を深めるためには、分解するのが一番。

新しくEC事業部門を担当することになったのは、4年前。 それまでの営業とは畑違いの仕事だったの

記事を読む

no image

オムニチャネルからの学びを講演をするなら。

オムニチャネルからの学びを講演をするなら。   先日、「オムニチャネルについての講

記事を読む

下北沢で潰れていく店、行列ができる店。

  #815 下北沢で潰れていく店、行列ができる店。 みなさん、こんにちは。

記事を読む

MA(マーケティングオートメーション)で成功している企業をあまり聞かない理由。

MA(マーケティングオートメーション)で成功している企業をあまり聞かない理由。 個人的に感

記事を読む

たくさんの資料も良いけど、大切なのは使い方と自分の感覚。

会議で思ったことシリーズ。 会議では、たくさんの分析をして、グラフや数字満載の資料を作

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、事業会社の営業育ちのマーケターです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタル時代のてマーケティングの設計・運用を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑