競争より共創。下北沢のマーケティングの上手さ。

公開日: : 最終更新日:2019/05/15 ◆ 【WEBデジタルの仕事】,   ●マーケティング関連

競争より共創。下北沢のマーケティングの上手さ。

競争より共創

下北沢は、商売が難しいと言われています。

感覚的にですが、飲食店の新規出店も多いし、撤退も多いです。

そんな下北沢でのマーケティングは、とても参考になります。

カレー屋さんがしのぎを削る。

下北沢では、居酒屋やカフェも立ち並び、それぞれのお店がしのぎを削っています。

その中でも、カレーのメニューがあるお店は、100店以上とのうわさ。

ゴミゴミした(最近は小田急線が地下に入り、街も整備されそうです)街に、カレー屋さんの数がものすごく多いです。

そうなると、各店が「あのカレー屋には負けないぞ!」となりそうなものです。

「A店がクーポンを配っているから、ウチもやろう。」

「B店が大盛り無料をやっているから、ウチも負けずにやらないと。」

といった感じで、それぞれのお店が他店のマネをして、同じようなサービスを展開して、「同じようなカレー店より、少しでもお客様を獲得しよう!」と考えそうなものです。

みんなで盛り上げる発想。

しかし、下北沢のカレー屋さんたちは、競合のカレー屋さんに勝つための発想だけをしようとしていません。

「下北沢で一番のカレー屋さんになるために、強みを洗い出して、新しくメニューを開発して、差別化を図ろう!」という個店での事情よりも、もっと大きな発想をしているんですね。

個店個店でしのぎを削るよりも、個店個店の集合体として発信していくという発想。

それをカタチにしたのが、昨年10月にあった下北沢カレーフェスティバル

下北沢全体にお越しになるお客様を取り合うよりも、みんなで協力して、下北沢にお越しになるお客様を増やそうと考えていると思われます。

競争より共創。

これを見て、なるほどな~と思うわけです。

よくあるフレームワークで自社を中心において考える『3C分析』や『SWOT分析』では、この発想は生まれません。

競合との競争を共創ととらえて、一大イベントに仕立て上げて、パイ自体を大きくする。

そうした発想で下北沢全体を盛り上げる発想は、マーケティング的にとても参考になります。

 

 

●「マーケティングをやらないと。。」と思ったらお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

↓Kindleで本を出版してみました↓

関連記事

デジタルマーケティングをするなら、ブログが最強だと思う。

マーケティングの仕組みをつくる仕事をしていて、思ったことがあります。 それは、「ブログ

記事を読む

no image

固定概念があることを目の当たりにした文具売り場での出来事。

年賀状を書こうと、ペンを買いに行ったとき。 自分の思い込みに気が付いた話。 売ってい

記事を読む

事業をつくるのっておもしろい。

    #718 事業をつくるっておもしろい。 こんにちは。コ

記事を読む

ネスカフェアンバサダーに登録して、部署の雰囲気を良くしたい。

最近、リーダーとして「ちょっと改善しないとな。」と思ったことがあります。 それは、「相

記事を読む

本質的なことを考えてから、手段を考える。

オムニチャネルを構築している中で、意識的に本質的な質問を投げ掛けるようにしています。

記事を読む

no image

ビッグな目標がもたらす成果。

ビッグな目標がもたらす成果。   目標は、小さいよりも、大きい方が良いと思います。

記事を読む

駒場東大前にあるコッペサンドのお店のチラシからカスタマージャニーをひいてみた。

このチラシがポストに入っていました。 なんとなしに見ていましたが、何も伝わってこなかっ

記事を読む

小物ブリを発揮したので、自分の強みを考えた。

「忙しい」という言葉は禁句リストに入っていますが、最近、夢に会議をしている場面が頻繁に出てく

記事を読む

何かを変えるための工夫こそが仕事の醍醐味。

何かを変えることは、パワーのいることです。 何も変えず、今のまま惰性で生きている方がス

記事を読む

no image

ASKULやAmazonに勝つ方法を考えています。

オムニチャネルをベースにマーケティングを構築して、ASKULやAmazonと肩を並べたいと本気で思っ

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑