何回提案しても通らないと言うけど。

公開日: : 最終更新日:2019/02/10   ●自分の仕事論!,   ●マーケティング関連

何回提案しても通らないと言うけど。

 

人は、毎日大なり小なり、提案する場面があります。

お客様に企画を提案したり、上司に承認をもらうために提案したり、ヨメにお小遣いアップの提案をしてみたり。

その提案、どれくらいの確率で思い通りにいきますか?

お小遣いをアップしてもらいたくて。

例えば、「自分のお小遣いをアップして欲しい」としましょう(ボクのことではありません)。

「お小遣いがアップすれば、部下に奢れてるし、自分への投資もできて、結果的に会社で出世して給料も増えるかもしれないよ」とヨメに提案しました。

しかし、ヨメは「ロクなことに使わない可能性の方が高い。」と却下。。。

さて、こんなとき、あなたならどうしますか?

すぐ諦めて文句を言い始める人。

このようなケースは、仕事でもよくありますよね。

自分の企画を通してくれなかったり、会社のために勉強しようと思っているのにお金を出してもらえなかったり。

それで諦めるならまだしも、「何回言っても全然わかってくれない相手が悪い。」みたいに言い出す質の悪い人もいます。

そういう場合の多くの「何回言っても」は、せいぜい3,4回くらい。

たった3、4回却下されたからといって、「何回言っても通してくれない。」とスネたり、ムスっとする人もいます。

・・・ボクもそうでした。

文句を言わずに他の方法を考えれば良い。

もし本当に相手に「ウン、OK」と言ってもらいたいなら、何とかしようとするハズ。

どうしてもお小遣いをアップしないと死活問題だと思えば、手を変え品を変え、何とかしようとします。

101回目のプロポーズをみてください。

100回チャレンジしたわけですよ。

これが「あいつは、わかってくれない」と飲み屋で愚痴を吐いたところで相手の気持ちが動くはずもありません。

さらに、彼女の親に「あの子は、ボクの気持ちをわかってくれないんです」なんて言ったところで、何の解決にもなりません。

つまりは、提案が通らないことに文句を言う暇があったら、他の方法を考えて行動した方がよっぽど良いよねってことです。

提案は相手あってのこと。

相手のことを考えて、方法を考えてみましょう。

 

●「マーケティングをやらないと。。」と思ったらお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

↓Kindleで本を出版してみました↓

関連記事

ボクが残業をしないためにしている3つのこと。

以前、プレイングマネージャーとして仕事をしていた頃、とにかく仕事があちらこちらから降ってきま

記事を読む

今の仕事の成果を変えるには?

#552 仕事はどう頑張れば成果が出るものか? 営業をしていると、成果が出なくて「自分には

記事を読む

新年の抱負でフライングをする人。

12月も残すところ4週間。 多くの方々は、忘年会やら、挨拶回りで忙しいことと思います。

記事を読む

醤油が無ければ料理はできない?いい大人なのに最もらしい言い訳をしていませんか?

何かをするのに完璧な状態で臨めることはありません。 会議で感じた違和感。 会議でのこと。

記事を読む

no image

【マーケの備忘録】セールを起点にマーケティングを組み立ててみる。

マーケティングとは、売れる仕組みをつくること。 表面的なノウハウになってしまいますが、【マーケ

記事を読む

お小遣い制を制する者は、会社の予算をも制する。(制約こそがアイデアの源泉だ)

    #768 お小遣い制を制する者は、会社の予算をも制する。(制約こ

記事を読む

MA(マーケティングオートメーション)に使われる会社、使いこなす会社。

マーケティングオートメーションが流行り出したのは、2,3年ほど前からだと記憶しています。

記事を読む

no image

キャパを超えた人を見て、実るほど頭を垂れる稲穂かな。をアレンジしてみた。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな。」 みなさんも一度は聞いたことのあることわざではないでしょうか?

記事を読む

no image

#418 お客様に戦略は関係ない。

今日は、ワタシがリスペクトする元上司と大口顧客へ営業同行。自分で新規開拓して、いろんな方々に大変お世

記事を読む

【連続性】企画を通すときに気をつけていること。

ボクの仕事はマーケティングです。 その中で、いろんな人の企画を聞いていて思うことがあり

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑