自分とは違うタイプの人材を育てる。

公開日: : 最終更新日:2018/12/06   ●自分の仕事論!,   ●人材育成・コミュニケーション

事業を成長させていくには、人材育成が必要です。

人材育成が大切なことは誰もが知っていますが、実際にできている人はどれくらいいるのでしょうか?

ボクは、そのこと理解している(つもり)だし、やっている(つもり)けど、実際にはできていない人の部類にいます。。。

 

できていない理由は、明確。

それは、自分の思考のバグです。

 

ボクは、放任してもらった方が良いタイプでした。

例えば、営業のとき。

「年間予算●●円だから、頑張ってくれ!」とゴールだけ決めて、やり方は自分で考えて、自由にさせてもらう方がやりやすかったんです。

けど、そうは言っても、会社だから「こうしろ」「ああしろ」と言われることもあれば、細かいことを報告させられて管理されたり、自分で考えてやっていたことをしていたら全否定されて「だったら、最初から言ってよ~」と思ったことも山ほどあります。

しかし、それらを引っ括めて、自分がやりやすい形で、仕事をうまく円滑に進めて数字をつくるために、工夫するのがおもしろいし、その工夫こそが仕事のおもしろさなんですね。

だから、自分のチームの人には、仕事を任せてしまう(丸投げ?)し、失敗は長期的な投資になると思っているし、その上でガシガシ自分で進めてくれるものだと思っていました。

 

しかし、見ていると、人によってはガシガシ進めないし、細かな指示をするまで動けない人がたくさんいることに気が付きました(今更)。

そうした人たちを「動けない=やる気がない」と感じる人もいます(ボクがそうでした。。。)が、そうではありません。

「やる気はあるけど、自らは動けないタイプ」が存在します。

それも、結構な割合で。

これは、良い悪いではなく、タイプの問題です。

自分は放任が良かったのでみんなも放任することが良いかと思っていましたが、みんながみんなそうではなく、しっかりと進捗を細かく見守り、伴走するような形で成長を促し、その後一人でガシガシ進めていけるように育てるという思考がボクには足りていなかったんです。

これからそうしたスタンスで人材を育てます。

 

●「マーケティングってどうしたら良いのかな。。」と不安ならばお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

↓Kindleで本を出版してみました↓

 

◆近況報告◆

今日は、コンテンツ作成など。

関連記事

まぐれ当たりより次につながる凡打が大事。

#915 まぐれ当たりより次につながる凡打が大事。 みなさん、こんにちは。 仕事で成

記事を読む

no image

ブログは人生を変えるインパクトがあるのでおススメです。

「毎日ブログ更新をする!」と決めて、風の日も、雨の日も、ヨメからプレッシャーを受ける日も何とか続けて

記事を読む

no image

仕事が回っていない部下を見て、昔の自分を思い出す。

仕事が回っておらず、いっぱいいっぱいになっている部下がいたとき。 昔の自分を思い出し、甘酸っぱ

記事を読む

上司が心得ておくこと。子育てと上司の役割の共通点は?

#961 上司が心得ておくこと。子育てと上司の役割の共通点は? 子育てをしていると、上司の

記事を読む

no image

#321 ダメを加速するサラリーマンの金言。

今日は、部下同行。さらに今日は、世間一般に言うホワイトDAY。我が家は、さらに一日で二度おいしい妻の

記事を読む

チームのつくり方にダメ出しをされて、ちょっと困惑をした話。

ある人から、ボクの人の育て方、チームのつくり方にダメ出しされました。 「お前のやり方は

記事を読む

あなたの仕事に厚みはありますか?

あなたの仕事に厚みはありますか? 昔の個性的メンバーとの会食。 先日、昔一緒の営業チーム

記事を読む

no image

結果は自分で決められないけど、行動は自分で決められる。

営業職だと、売上や利益予算があります。 毎月の売上、四半期の売上、年間の売上の目標値があって、

記事を読む

サラリーマンと起業家、どっちが偉くてカッコイイの?

「ひとりのサラリーマンに何ができるの?」 と自分の立場を自分で否定しているサラリーマン

記事を読む

これがデキなければ、仕事がデキない人の仲間入り。

#895 これがデキなければ、仕事がデキない人の仲間入り。 みなさん、こんにちは。

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑