娘のテレビをつける習慣をなおす方法。

公開日: : 最終更新日:2018/12/05 ◆ 【WEBデジタルの仕事】,   ●マーケティング関連

娘には、とある習慣があります。

それは、『リビングのソファーに座るとテレビをつける』です。

 

休日の朝起きてくると、ソファーに座り、何の躊躇もなくテレビをつける。

自分が見たいTV番組を終わっても、そのまま他のチャンネルをパラパラ見て、そのままテレビを見る。

夜もソファーに座れば、何も考えずにテレビをつける。

とにかく、テレビをつけることが習慣になっていました。

 

他にも、、、

たたんだ洗濯物をそのままにしている習慣。

パジャマを脱いだらそのままにしている習慣。

食べたミカンの皮をソファーの肘掛けに置いたままにする習慣。

いろいろとあります。

(同じことを自分でもやっていますが。。。)

 

そうした習慣は、目にするたびに都度注意はするものの、そもそも無意識に行っているのでなかなかなおりません。

なので、とりあえずテレビをつける習慣を、仕組みでなんとか解消しようと。

まず、テレビをつけるリモコンがソファーに置かないようにしました。

禁煙するときに、ライターとタバコを捨てて、タバコを吸うためにはわざわざ買わない状況をつくると、吸う気がなくなるのと同じ原理です。

さらに、目につくところに本棚を置いて、すぐに本を手に取れるようにしました。

それだけで、テレビをつける回数が激減し、本を手に取ることが多くなりました。

 

そう、詰まるところ、習慣を変えるのに必要なのは、強い意思ではなく、仕組みが有効です。

改めて、自分の悪しき習慣も、意識してもなかなかなおらないので、そうした仕組みで修正する必要があると思ったわけです。

 

 

●「マーケティングってどうしたら良いのかな。。」と不安ならばお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

↓Kindleで本を出版してみました↓

 

◆近況報告◆

今日は、コンテンツ作成など。

関連記事

”たったそれくらいのこともできない人”に仕事は任せられない。

会社には、2つのパターンの人がいます。 一人は、仕事でチャンスがもらえる人。 も

記事を読む

オムニチャネル初心者の担当者必見。オムニチャネルは、合コンに例えて考えるとうまくいく。

小売業界では【オムニチャネル】【CRM】というキーワードが流行っています。 昔はお店で

記事を読む

no image

行動するには、やる気に頼らず整理整頓から始める。

行動するには、やる気に頼らず整理整頓から始める。   何をするにも、整理整頓は大切

記事を読む

「絶対に無理」は、本当に「絶対に無理」なのか?

先日、定期考査の勉強をしていた息子。 「あ~、もう、どうやって勉強したら良いかわからな

記事を読む

アナログとデジタルの融合で価値を創造したい!

ここ数カ月は、オムニチャネル構想のことばかりを考えています。 個人的には、「ライバルは

記事を読む

制約があるのは当たり前のこと。

スポーツの試合では、100%完璧な状態で、試合に臨めることはありません。  

記事を読む

no image

真田丸 真田昌幸の言葉「軍勢を一つの塊と思うな!」から一点突破の威力を見直した。

  日々勉強しつつ、コンサルさんに教えてもらいながら、ECとか、営業とかの戦略を描い

記事を読む

MAをいろいろ見てみて、導入するときに注意した方がいいこと。

MAを導入するにあたって、いろんなことがわかりました。 MAを導入するときのソリューシ

記事を読む

デザインの良し悪しの判断基準は?DESIGN = DE$IGNという話を思い出した。

デザインって、奥が深いですね。 どんなデザインが良くて、どんなデザインが悪いのか。。

記事を読む

no image

「いつかやろうと思っていてます。」にみる三大言い訳。

  「いつかやろうと思っています。」 「今度やろうと思っています。」 こ

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑