何はともあれ、ボクは形から入った方が良いタイプです。

公開日: : 最終更新日:2018/11/19 ◆ 【WEBデジタルの仕事】,   ●マーケティング関連

「格好から入る」というのは、あまり良い意味では使われないことが多いです。

イメージ的には、「取り組むことの本質的なところよりも、表面的な見た目を気にして、カタチだけ整える」といった感じでしょうか。

実際はどうなんでしょう?

個人的には、見た目を気にして、カタチから入るのはアリ、むしろ格好から入った方が良いと思っています。

 

例えば、ランニング。

最近はちょっとサボり気味ですが、その昔、走る気を高めるために取った方法がありました。

それは、『高機能スパッツと靴を買う』ということ。

ちょっとカッコいいアイテムを購入すれば、「身に着けたい!」と思います。

そして、着てみたら、ちょっとでも走ってみようとなります。

ちょっと走って公園に行くと、老若男女にはいろいろな走っている人がいて、特に若い子が走っていると、自分がカッコいいアイテムを身に着けていて歩いたらカッコ悪いから「歩けね~」と考えます(実際はカッコ良くもないし、、誰も見ていない)。

結果、ちょっとだけ長い時間、長い距離を走ることになります。

 

さらにもうひとつ言うと、高機能スパッツと靴を手に入れたことで、アタマの中で「走るのめんどくさい」から「これを履いて走ってみたい」という言葉に切り替わりました。

これも、格好から入って享受したメリットです。

 

とうことで、本質を理解してから、格好へいくのが理想かもしれません。

ただ、本質や理屈というのは、やってみないとわからないことが多いんです。

なので、とりあえずやってみるために、「格好から入ってみて、脳内の言葉を書き換える」ことはとても有効ですね。

 

 

●「Kindle出版の活用方法を知りたい」「マーケティングやりたいけど。。」と不安ならばお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

↓Kindleで本を出版してみました↓

 

◆近況報告◆

今日は、定期的な打合せです。

関連記事

【ブランディング】見た目より、裏表のない一貫性が大切。

今いろんな分野のパートナー会社とお会いさせていただいています。 その中で、よく聞く「ブ

記事を読む

ツールもいいけど、根っこは自分でつかむべき。

  #801 ツールもいいけど、根っこは自分でつかむべき。 みなさん、こんにちは。

記事を読む

残業を無くす方法は、ものすごくシンプル。

会社には、2つのタイプの人がいます。 それは、時間をつくるのがうまい人と、ヘタな人。

記事を読む

EC事業での自分の役割は?

EC事業での自分の役割は? 「ECの売上を上げるには、セッション数を上げて、CVRを改善し

記事を読む

WEB担当者で頭ひとつ差をつける。この考え方を知らないで、WEB領域は務まらない。

売上が悪くなると、上から「WEBを使って売上を上げろ!」みたいな指示が、飛んでくるケースをよ

記事を読む

せっかくラインアップを増やしたのに、説明が無いの??

マーケティングの仕事をしているので、日常生活で細かいことが気になってしまいます。 例え

記事を読む

営業だったのに人見知りな僕が、初めて人に会う時に意識していること。

#927 営業だったのに人見知りな僕が、初めて人に会う時に意識していること。 みなさん、こ

記事を読む

no image

「人員が足りないから増やす」というのはとてもカンタン。

「人員が足りないから増やす」というのはとてもカンタン。   目標を達成するためには

記事を読む

Webマーケティングで、次に何からしたら良いのか?

先日のブログで、「Webマーケティングをしたいんですけど、まず何をすればいいですか?」と聞か

記事を読む

新規事業で一番のボトルネックは、自分たちの意識である。

今さら言うことでもありませんが、新規事業を構築していると、会議でこんなセリフを耳にします。

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑