公文もマーケティングも、取り組み方は同じ。

公開日: : 最終更新日:2018/11/18 ◆ 【WEBデジタルの仕事】,   ●マーケティング関連

公文では、自分の学年より3学年分先に進むと、トロフィーみたいなものがもらえます。

例えば、小学3年生ならば3学年先の6年生の単元が修了すると、トロフィーがもらえて、「すごいね~」となります。

 

しかし、娘はそのトロフィーよりも、お兄ちゃんが「わからないよ~」という数学の問題を「こんなの簡単だよ。こうすればいいんだよ。」と教えて、優越感に浸りたいらしいです。

その「お兄ちゃんに、数学の勉強を教える!」ことをモチベーションに、公文に取り組んでいます。

 

で、最近の問題がちょっとずつ難しくなってきたので、一緒に取り組むことが増えてきました。

教えているのは、『順序』です。

先日、分数の割算に取り組んでいたときのこと。

娘は、分数の掛算は得意だと思い込んでいます。

しかし、割算となると苦手なようで。。。

なので、割算の問題を解くためにすることを並べて、一緒に順序を考えます。

すると、分数の割算は、式を変形させることで、分数の掛算と同じ形になることに娘は気が付きます。

分数の掛算ならば得意だと思っているので、不得意な割算が「あれ?実は、得意な掛算と同じじゃん!」となり、スイスイ解けるようになります。

 

どこから手をつけるのか、どの順序でやるのか。

これは、マーケティングと同じです。

問題を分解し、課題を明確にして、課題解決の手段を洗出し、どの手段が有効か判断し、着手して、結果を振り返り、勝ちパターンをつくっていく。

それがハマってくると、公文もビジネスもおもしろいものです。

 

 

●「Kindle出版の活用方法を知りたい」「マーケティングやりたいけど。。」と不安ならばお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

↓Kindleで本を出版してみました↓

 

◆近況報告◆

今日は、家の事いろいろです。

関連記事

ボクがWEB製作会社の営業だったら、きっとこうするだろうな。

仕事柄、WEB製作会社さんによくお会いします。 ボクも将来的には、「WEBに関係する会

記事を読む

no image

結果は自分で決められないけど、行動は自分で決められる。

営業職だと、売上や利益予算があります。 毎月の売上、四半期の売上、年間の売上の目標値があって、

記事を読む

EC事業への姿勢を勘違いする会社。

ECに取り組む企業は、たくさんあります。 しかし、「うまくいってるわ~」という企業はど

記事を読む

マーケティングの肝はリピーターづくりに真剣に向きえばいい。

ボクの仕事は、マーケティングを組立てること。 そのマーケティングの肝は、【リピーター作

記事を読む

#538 成功すると成功し続けるということの違い。

【正解にする力】 社会人は、自分のやることを正解にする力が求められます。 以

記事を読む

ロングテールECとブログの共通点。とっとと公開大作戦。

ボクが関わるECサイトは、ロングテールECです。 基本的に毎日更新するブログとロングテ

記事を読む

【オムニチャネル】実店舗、営業、EC。3つを融合させるためにやっていること。

仕事好きなので、いつでも実務的なことを考えてしまう今日このごろ。 実店舗や営業チャネル

記事を読む

no image

【マーケの備忘録】伝えるポイントを見直してみる。

マーケティングとは、売れる仕組みをつくること。 表面的なノウハウになってしまいますが、【マーケ

記事を読む

【マーケティングヒント】中華料理屋さんがやったら売上が1.5倍になった施策。

売上が上がらないと悩んでいるお店があります。 さて、売上を上げるために何をすればいいの

記事を読む

【情報設計】広告費を無くすために考えていること。

僕の仕事のひとつに、情報設計があります。 カッコよくいうと【IA】(インフォメーション

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑