【琴棋書画】我が家における3つの勉強のルール。

公開日: : 最終更新日:2015/02/07   ●子育てのリアル

library-117933-m

「子どもの時に、もっと勉強しておけばよかった。。」と考えるのは、僕だけではないはず。

家庭の中で”子どもの勉強”に対するスタンスはとても大切です。

僕なりに考えている【我が家の勉強に対するスタンス】がありますので、ご紹介まで。

勉強を広い意味で考える。

勉強というと、学校のテストで100点を取ることをイメージします。

最低限の漢字や公式を覚えることも大切ですが、それよりも大きな意味での”勉強”が大切です。(0点は困りますが。。)

それこそ、コミュニケーションであったり、0→1にする力であったり、逆算思考であったり。

そのために投げかける言葉に気を使っています。

例えば「なんで勉強しないんだ!」ではなく、日常生活では「どうして?」「例えば?」「なんかいい方法ある?」というように”自分で興味を持って、自分で考える”ように質問をするようにしています。

テストのように答が決まっているものを求めるのではなく、答えがないものに対して自分なりの正解をつくる力を身につけられる”勉強”ができる環境をつくりたいものです。

【琴棋書画】から学ぶ。

そうは言っても最低限の”勉強”はしてほしいと願うのですが、我が子は残念ながら全くやりません。とても頼もしいです。

先日、若柳さんとお話しているときに初めて聞いた言葉があります。

それが【琴棋書画】。(詳しくはウィキをどうぞ。)

息子は忘れ物キングだし、全く勉強はしませんが、ピアノ、サッカー、読書(図鑑のみ)、絵や工作、(最近は)囲碁が大好きです。

国語で0点を取った経験がありますが、サッカーではボランチ的な役割をし、虫捕りが得意です。

そんな話をしていたら、【琴棋書画】という言葉を用いて「経営者向きですね!」と、最上級に気をつかっていただいた褒め言葉をいただきました。

「確かに、そう言われてみればそうかも。」と思う単純な自分(笑)。

無理やり学校の勉強をさせるよりも、【琴棋書画】の教養人のたしなみを楽しみ、そこで疑問に思ったことや興味のあることを自分から学べば良いなと思う訳です。

社会との接点を増やす。

我が家は、今のところ塾には行かせるつもりはありません。(というか、頭が悪くて行けない(笑))

近所の子は中学受験をする子が多いです。なので、塾の情報も入ってきますが「中学受験って、そんなに勉強するんだ。。大変だな。。」というのが正直な感想です。

もちろん、決して”塾の勉強”が悪いというわけではありません。

”塾の勉強”を要するタイミングやプロセスがあり、我が子はまだそのときではないということです。

今は塾での勉強よりも、社会に触れる機会を作って、いろんな仕組みや価値観に触れて、多面的に物事を見てもらいたいと考えています。

以上 我が家における”勉強”へのスタンスでした。

 

◆近況報告◆

今日は、家族でスキーします。

1日1新:池の平スノーパーク。

 

今日も一日感謝です。

 

 

関連記事

no image

#163 思いこみ

今日は三郷にあるレイクタウンへ初めて行きました!かなりのビックサイズで一日中遊べました。歩き回って、

記事を読む

no image

#452 忘れ物チャンピオンの息子に思う。

★3Knot CLUB ご案内★ 8月2日(金)【3Knot CLUB】キックオフ勉強会を開催します

記事を読む

no image

#294 父さんスタイル。

今日は、早く帰ろう!と思っていましたが、プレイングマネージャーの宿命の突発的な問題の解決にドタバタ。

記事を読む

幼児の娘に学ぶ。オオゼキでマゴつくおっさんにならない方法。

子どもといると、ハッとさせられることが多いです。 先日、娘とオオゼキ(近くのスーパー)

記事を読む

ドラクエⅧセーブ方法。ドラクエ8のセーブに失敗したときの息子の言動に、自分の思考を恥じました。

41歳のワタクシですが、今、ドラクエにハマっております。 気がつけば、ドラクエって10

記事を読む

家族でディズニーランドに行った次の日に小学生の息子に伝えたこと。

#951 家族でディズニーランドに行った次の日に小学生の息子に伝えたこと。 人には人の基準

記事を読む

no image

学びの機会 #24

家に帰ると、たくさんの「学びの機会」が待っています。 どちらかというとゆったりくつろぐイメージを持つ

記事を読む

no image

こどもの城で思ったこと #7

今日は、義理妹家族と渋谷へ。こどもの城とペキペキをハシゴしました。 ボクは途中で娘と帰宅して、うかつ

記事を読む

お父さんの威厳。

#627 お父さんの威厳。 息子が算数の宿題を前に悩んでいる様子。 お父さん風を

記事を読む

娘の配り物係とポジショニングの関係。

娘はクラスで「配り物係」です。 その配り物係から思う社内のポジショニングのヒント。

記事を読む

  • 【3knot-DAYS】へようこそ!

    ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。
    ヨメの重圧と子育ての中、仕事をおもしろくするサラリーマンを目指す人にちょっと役立つブログです。
    仕事は、マーケティングプランナー。WEBも実店舗もひっくるめて、オムニチャネル戦略をやっています。

    *タイトルの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑