中学生男子の反抗期の我が家の対策。

公開日: : 最終更新日:2019/01/14   ●子育てのリアル

中学生男子の反抗期の我が家の対策。

 

中二の息子。

声変わりもして、背もちょっと伸びて、反抗期に入った模様。

そんな反抗期への対策は、みなさん、どうしていますか?

めんどう、だるい、ムリ。

何か言っても「別に。」

何か聞いても「知らね。」

口を開いたと思えば「面倒くさい、ダルい、ムリ。」

こんな反抗期。

多くの男子のみなさんは自ら経験しているので、「ああ、そんな時期もあったなぁ」と理解できると思います。

しかし、これがママの視点となると、理解ができず、そんなぶっきらぼうな反応にイライラして機嫌も悪くなります。

なぜかイライラするけど。

息子と同じくらいの年の頃は、こんなことを考えていました。

例えば、テストで良い点を取った方が良いのは理解しているけどやり気が起きない。

思い通りにいかないと、人のせいにしてイライラする。

注意されると、ムカつく。

好きな女の子のことやスケベな話題ばかりで盛り上がる。

しかし、一方で自分でも、「このままではイカン」と理解はしているんですね。

先生や親も、人生の先輩として、良い話やためになる話をしてくれていたとは思います。

申し訳ないことに、全く覚えていないけど。。。

放っておくのが一番。

そんな反抗期、どんな対応をすれば良いのでしょうか?

それぞれの家庭で、対応の仕方があると思いますし、どれが良くて、どれが悪いということはありません。

我が家でボクが取っている対策とは、、、放っておく。

これが一番です。

反抗的な態度をされるとイラっときて、つい注意したくなりますが、誰が言っても、何を言ってもムダ。

放っておくのが一番の対策です。

ただし、悪いことはキッチリと注意する、反抗的な態度をすると分かっていてもとりあえず話しかける、思い通りの反応がなくてもOK、そんなスタンスで反抗期を乗り切ろうと思いっています。

深追いしてはいけません、ケンカになるだけですから。

ただ、娘に反抗されたら、、、ちょっとさみしいな。

なので、さみしさを紛らわすために、犬でも飼おうかと画策中。

 

 

●「マーケティングってどうしたら良いのかな。。」と不安ならばお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

↓Kindleで本を出版してみました↓

関連記事

no image

学びの機会 #24

家に帰ると、たくさんの「学びの機会」が待っています。 どちらかというとゆったりくつろぐイメージを持つ

記事を読む

no image

息子の勉強スタイルを見て、自分の環境を見直しました。

息子の話で恐縮ですが、「こいつ、ヤルな」と思ったことがありました。 中間考査に向けて勉強態度。

記事を読む

小学5年生忘れ物キングの息子。算数で90点超えをたたき出した我が家の勉強方法。

塾のテストがあるということで、最近は息子と勉強をする時間をとっています。 その結果、赤

記事を読む

娘の配り物係とポジショニングの関係。

娘はクラスで「配り物係」です。 その配り物係から思う社内のポジショニングのヒント。

記事を読む

わがまま娘への対応。

#654 わがままな娘への対応。 こんにちは。小嶋です。 (誰に似たのかわかりません

記事を読む

家族でディズニーランドに行った次の日に小学生の息子に伝えたこと。

#951 家族でディズニーランドに行った次の日に小学生の息子に伝えたこと。 人には人の基準

記事を読む

よく使われる”自転車”を使った例えをまとめてみました。

#991 よく使われる”自転車”を使った例えをまとめてみました。 昨日、5歳の娘がようやく

記事を読む

小学生の習い事の金額と大人のお小遣い。絞込みは大切だけど、複数のことをすることも大切。

子どもの習い事ってお金がかかります。 みなさんは、子どもの習い事にどれくらいの金額をか

記事を読む

no image

子どもが向かうのは  #16

近くの公園に、息子とその友達と娘を連れて行きました。 息子は、先に来ていた知らない友達に声をかけてサ

記事を読む

家族で国立科学博物館の恐竜博2016に行った帰りに、カッコ悪い大人になった自分。

先日、知り合いからチケットをいただいたので、家族で国立科学博物館の恐竜博に行ってきました。

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑