不安になるのは、学びが足りないから?

公開日: : 最終更新日:2018/07/11   ●自分の仕事論!

人は、将来に対して夢が描けないと、将来に対して不安になります。

将来が不安です。。

時折、歳が下の人から相談を受けることがあります。

「将来が不安です。」

なるほど。

確かに話を聞いている限りでは、会社での置かれている状況の中での問題が山積みなようです。

そして、そのままの状況では、眼の前のことに忙殺されて、気がつけばどうにもならない状況になることが容易に想像できます。

不安になる。。

ボクも多少なりとも不安があるので、その気持がすごくよくわかります。

将来に対して不安になるのは、普通だと思います。

不安が無い人は羨ましいですが、羨んだところで自分の不安がなくなることはないでしょう。

大切なのは、不安なときこそ行動できるかどうか。

その違いが、その人の未来を描けるか、描けないで”不安”ばかりを口にするようになるのか、の分かれ目になると思います。

学びがあるかが分かれ目。

では、不安なときに行動できるか?と聞かれれば、なかなか難しいものです。

では、一体何がその違いを生んでいるのでしょう?

その違いの多くは、大人になってからの学びしているか否かです。

学びと言っても、机に向かって勉強するような学びではありません。

新しいことへ挑戦したり、人に合ったり、自分の知らない世界との接触を持つこと。

社会との接点を増やすことで、不安への対処方法や具体的なイメージを持てれば、行動しやすくなり、行動することで不安は小さくなります。

逆に、毎日のやらなきゃいけないことに忙殺されてしまい、どんどん内にこもってしまうと、不安が大きくなります。

口で言うのはカンタンですが、難しいですよね。

不安な気持ちをエンジンにして、新しいことへの挑戦をするようにしたいものです。

 

●お知らせ●

新サービスを始めました。

【マーケティング雑談サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を話したい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

◆近況報告◆

今日は、いろんな打合せです。

関連記事

no image

部屋を片付けられない人が、部屋を片付ける効果抜群の方法。

部屋が散らかっているとき。 「片付けなきゃいけない。」と思いつつ、やる気が出ないこともあります

記事を読む

変わりたいなら、目の前のことをひとつだけ変えてみる。

自分もそうですけど、”変わりたい人”は世の中にたくさんいます。 「もっと給料増やしたい」とか、

記事を読む

忙しいから残業するのではなく、残業するから忙しくなる。営業マンの時間の作り方。

ボクは、営業畑で育ちました。 先日読んだこの本を社内で紹介したところ、「とは言っても、

記事を読む

no image

娘の書初めから、できないことへの一歩の踏み出し方から習慣化までを考えた。

冬休み恒例の書初めの宿題。 娘が懸命に取り組んでいる姿を見て、思ったこと。 できないから

記事を読む

no image

9回ツーアウトツーストライクになる前に。

人生は、前倒しが基本です。 先延ばしにしていても、良いことはありません。 野球で言うなら

記事を読む

【プロ意識】マズいラーメンにお金は払わないのに。

今までのやり方は、慣れているから早さの面では効率的かもしれません。 しかし、実は効果的

記事を読む

業務を巻き取って思ったこと。

他の部署の仕事を巻き取ったときに思ったこと。 時間のムダが多い業務。 他の部署の仕事を巻

記事を読む

センターピン理論。小6の息子に伝える”支点”の大切さ。

先日、息子の塾の保護者会に参加しました。 話を聞いていて大切だと再認識したのは、”支点

記事を読む

【恥の比較】どちらが恥ずかしいのか考えた。

新しい仕事ややったことのない仕事を振られたとき、どう答えますか? 「やります。」と言えない

記事を読む

人間力、応用力、改善力。

#631 人間力、応用力、改善力。 昨日、道場仲間の弁護士 杉浦さんの勉強会に参加。

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    マーケティングの基本、現場のマーケティング事例を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、ヨメの重圧と子育ての中、15年間の営業最前線から一転、EC運営子会社へ出向し、今はマーケターとして事業のど真ん中で、WEBも実店舗もひっくるめてマーケティングを設計しています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑