信頼関係を築くためには、わかりやすい説明をすることが大事。

デジタルマーケティングを組み立てていると、やたら横文字が多いわけで。。。

ベンダーさんと話していると。。

今月で、ECやデジタルマーケティングの領域に来てから、丸4年が経ちました。

あっと言う間の4年で、いろいろ勉強させてもらいました。

職場環境もメンバーも大きく変わり、今年は新たな大きな目標に向かって日々奮闘しています。

で、新しいメンバーや他の部署の人にデジタル、入ってきたときに、気をつけていることがあります。

それは、専門用語をできるだけ使わず、わかりやすく説明をするということ。

比喩を使ってくれる人。

SEO施策で、当たり前の「robots.txtを置こうね~」の説明。

「クローラーがアクセスをするための制限をするためのファイルで、ロボットに向けた命令文です。」とサラッと言われました。

デジタルマーケティングやSEOを知っていれば当たり前のことなんですが、当時のボクはDBをドラゴンボールだと思っていたほどのデジタル初心者。

そう言われても、よくわからないわけです。

とある担当者は、それを察知してくれて、雑談の中からボクが小学校の娘がいることを知っており、小学校の先生に例えて話してくれました。

「先生は、すべての生徒を見ていますが、すべて見られるわけではないですよね?

家庭訪問や三者面談などで生徒のことをより深く知ろうと思いますが、それでも限界があります。

その上で、この子はこんなところが良い、この子はこれが得意だ、と評価をしています。

これが社会人になると、自分で自分のアピールをするようになります。

ここを見て欲しい、ここを評価して欲しい!と。

Googleさんも、同じように評価しています。

でも、小学校のように、家庭訪問や三者面談なんてやってられません。

社会人のように、限られた時間で自分からここを見て欲しい、逆にここは見なくて良いです、と申告をしておくんです。

先生や上司のように評価するために調査する人に情報を渡す役割のロボットのことをクローラーと言います。

そのクローラーは、限られた時間ですべて見ようとするも時間切れで、自分の見て欲しいところを見てもらえないということが起こってしまうんですね。

そうならないために、ここを見なくていいよ!という指示をする「robots.txt」を置いておくんです。」

と。

わかりやすい方へお願いしたい。

ボクの中には、お取引をするに至るポイントのひとつに「わかりやすく説明してくれる。」というのがあります。

相手の立場やレベルを理解しようとせず、知識をひけらかすような言動をする業者さんだと、経験的に良い関係性が築けないことがわかったからです。

自分も”横文字かぶれ”になって、当たり前のように自分の理解レベルで話していないか、とても心配になった次第で。

人のフリして、我がフリ直す。

わかりやすい説明をしてくださった業者さんになったつもりで、自分も対応したいと思います。

 

●お知らせ●

新サービスを始めました。

【治療院・整体院の方向けのマーケティング雑談サービス】

【マーケティング雑談サービス】

*マーケティングを知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

近況報告◆

今日は、新しいシステムのテストなど。

関連記事

【失敗から学ぶ】上から目線の人は、上手な転び方を知らない。

組織で仕事をしていると、上から目線で来る人がいます。 それはそれで新たな気付きもあるの

記事を読む

小学生プログラミングの親子ワークショップに参加して、自分もコンテンツをつくろうと思い立ちました。

*画像は、Azhai Communications支給の資料   40

記事を読む

ドラッカーさんの問いに不安を感じた自分。

ボクは、50歳をひとつの節目に考えています。 50歳といえば、正真正銘のオッサンです(もちろん

記事を読む

no image

子供と大人、笑う回数はこれだけ違う。よく笑うオトコになりたい。

今日から6月。 先日、娘にこんなことを言われました。 「パパって、なにか怒ってい

記事を読む

no image

オムニチャネル・コマースの市場は、2023年に72兆円になるらしい。

”オムニチャネル”って、少し前までは「やった方がお客様にとって良いこと」であり、「今後の戦略として、

記事を読む

MA(マーケティングオートメーション)を見ていて思ったこと。

いろんなECサイトやWEBに関わっていて、思うことがあります。 問題に対して、テクノロ

記事を読む

no image

ビジネスに対する問いの三段活用。

ビジネスに対する問いの三段活用。   最近、自分の中での問いのビジネスの立て方に、

記事を読む

現場のリーダーが気を付ける”チームの基準”の作り方。

世の中は、常に動いています。 会社が成長するには、その変化をつかみ、対応することが大切

記事を読む

no image

上司たるもの、部活にフラッと来たOBになってはいけない。

ボクが上司として気をつけていること。 それは、「任せたことには、口を出さない!」ということ。

記事を読む

権利は極大、義務は極小。誰かが何かをしてくれると勘違いをする大人。

息子は中1ですが、気が早いボクはいろんな高校を見せておこうと考えて、ちょいちょい学校説明会に

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑