成果につながる努力ができる土台をつくる。

公開日: : 最終更新日:2017/10/22 ◆ 【WEBデジタルの仕事】,   ●マーケティング関連

ボクのアタマの中の”マーケティングの仕事”は「買いうける仕組みづくり」です。

「買いうける仕組み」をカタチにするために、2つの側面を考えています。

 

ひとつは、お客様視点。

お客様が想起しやすく、わかりやすく、頼みたくなるような接点の設計。

 

もうひとつは、社内視点。

社内で成果につながる土台をつくることです。

最近は、特に「成果につながる土台づくり」を意識するようにしています。

 

営業部だった頃、売上が悪かったりすると「頑張ります!」という言葉をよく使っていました。

とても便利な言葉ですよね。

なんとなくその場がおさまるマジックワード。

 

しかし、「どんな方法で頑張るか?」と聞かれると、そこに具体的な方法論がなかったこともしばしば。。。

で、先日、営業部の若い人間の相談に乗ったときのこと。

「どう頑張って良いかわからないんです。」といわれました。

「どう頑張って良いかわからない。」っていう状況、うん、うん、よくわかります。

頑張りたいけど、どう頑張って良いかわからない。

すごく、もったいないですよね。

 

ものすごく当たり前ですが、仕事は結果がすべて。

いくら努力しても、未来への糧にはなるかもしれませんが、成果に結びつかなければ仕事は成り立ちません。

 

だからこそ、報われない努力をさせないような”成果につながる土台”をつくっておくことが大事なんです。

 

その土台とは、営業ならば、自分たちがいつ、何を、どうしたら良いのかをわかるようにしておくことです。

例えば、自分の売上を改善するときは、このKPIをチェックして、改善策はこの順に考える。

その根拠はこういう理由で、そのKPIの算出方法はこうなっている。

みたいなものを、データを整理整頓して、いつでも誰でもわかりやすく理解できるようにしておく。

そういった土台をつくるだけで、次の打ち手が見えて、自ら動けて、新たな糸口が見えてくるのだと思います。

 

そんな土台づくりこそが、マーケティングの仕事です。

 

 

●お知らせ●

新サービスを始めました。

作戦会議 ~アイデアをカタチにします~

 

◆近況報告◆

今日は、三軒茶屋の大道芸ストリートを見に行く予定。

1日1新:なし

関連記事

no image

#418 お客様に戦略は関係ない。

今日は、ワタシがリスペクトする元上司と大口顧客へ営業同行。自分で新規開拓して、いろんな方々に大変お世

記事を読む

量より質を考えるときは、砂場のお城のつくり方を考えてみる。

量よりも質が大事。 けれど、量をこなさない限りは、質は生まれないと思います。 砂場の

記事を読む

なぜ?なぜ?と聞くのは、仮説と根拠を明確にするため。

ボクは、部下に頻繁に「なんで?」と聞きます。 もちろん、詰問したいわけでも、議論したい

記事を読む

KGIとか、KPIとか。ツマノミクスに置き換えれば、わかりやすい?

KGIとか、KPIいう言葉をよく耳にします。 っていうか、ボクも最近よく口にしています

記事を読む

オムニチャネル推進で、ユーザーが離脱する瞬間に出会い、設計は気をつけないと、、、と思った件。

先日、ヨメがぶつくさと文句を言っている場面に遭遇しました。 「・・・なんだろう??」と

記事を読む

ECサイトリプレイス。カートシステムも大事だけど、どう組合わせるかもすごく大事。

ECカートのリプレイス。 どのカートを選ぶのかは、それぞれの会社の方針によって変わりま

記事を読む

no image

マーケティング無くして、働き方改革無し。

働き方改革には、残業をしない業務の設計が必要です。 ただ、そこでひとつ気を付けなければならない

記事を読む

ビジネスには一貫性がなければ、お客様は違和感を感じる。

オムニチャネルに限らず、ビジネスでは一貫性が大事です。 自分の会社の社員を。 先日、派遣

記事を読む

no image

結果は自分で決められないけど、行動は自分で決められる。

営業職だと、売上や利益予算があります。 毎月の売上、四半期の売上、年間の売上の目標値があって、

記事を読む

no image

街の写真館のおじいちゃんカメラマンの悲劇。

先日、カメラマンの友人と久しぶりに飲みました。 そこでの話に思ったこと。 街の写真館

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑