部下に答を教えないのはボクが無能だから。。ではなく、理由があるんです。

公開日: : ◆ 【WEBデジタルの仕事】

結局のところ、教えるよりも、自分で答えを見つけることが大事です。

それが、その人の血肉になります。

ボクが任せる理由。

ボクは部下に対して、基本的に仕事のやり方や方法論について細々言うことはありません。

会社の方針とチームのコンセプトのみ伝えるだけで、「自分は、どうしたいの?」を聞くことを意識しています。

アドバイスを求められれば自分なりの意見は言いますが、「こうしたいです。」と言われれば、基本的には「やってみていいよ。」と答えます。

その態度に拍子抜けして「え?ホントにやっていいんですか?」的なことを言う人や、「あの人、ホント、何も考えていないよね。」と言う人もいます。

けれど、本当のところは、結構考えた末に「やってみていいよ。」と即答しているんです。

自分で考えて、やってみる。

自分で考えてやってみないことには、”自分事”として考えません。

ボクが上司の立場で「ああして、こうして。」と言ったら、部下は自分で考えることはしないでしょう。

そうすると、どこか”他人事”になってしまうんですね。

失敗しても、頭のどこかで「上司が言ったから、自分は悪くない。」とギリギリのところで他責思考が働きます。

しかし、自分で考えてやってみたことであれば、”自分事”なので失敗したら「やべ!何とかしなきゃ!!」と必死になります。

その必死になって考えることで、頭をフルに使い、自分の血肉になる経験ができると考えています。

自分で答を見つけるのが一番。

結局のところ、自分でやってみて、失敗しないと、自分の”血肉”にはなりません。

”自分事”として考えられなければ、真剣に考えないし、死に物狂いで何とかしようとはしません。

”自分事”ととらえず、6割くらいの力で軽く流すような仕事では、ラクかもしれませんが自分の血肉にはなりません。

答は誰かに教えてもらうのではなく、自分で見つけることができれば一生忘れないでしょう。

 

◆近況報告◆

今日は新しいベンダーさん打合せやら、セミナーやらです。

1日1新:俺のやきとり 銀座店

関連記事

卸小売業がこれからのマーケティングを設計するときの壁。

ボクがEC事業に関わり始めたのは、4年前。 もともとボクの働く会社は店舗事業と外商事業がメイン

記事を読む

マーケティングはダイエットのように考える。

マーケティングはダイエットのように考える。 マーケティングを考えることと、ダイエットを考え

記事を読む

no image

最近、ようやく、前提を合わせることを意識し始めました。

最近、話す順序を意識してます。 結論から話す。 例えば。 「売上、どう?」とザックリと聞か

記事を読む

no image

戦略は、現場の経験があってこそ実行できる。

  戦略を描くには、現場での経験がなければ無理でしょう。 戦略を描いてみる。 ビ

記事を読む

マーケティグ戦略は、ガムシャラもいいけど、整理しよう。

マーケティグ戦略は、ガムシャラもいいけど、整理しよう。 マーケティグの打ち手を考えるには、

記事を読む

何はともあれ、ボクは形から入った方が良いタイプです。

「格好から入る」というのは、あまり良い意味では使われないことが多いです。 イメージ的に

記事を読む

no image

子供と大人、笑う回数はこれだけ違う。よく笑うオトコになりたい。

今日から6月。 先日、娘にこんなことを言われました。 「パパって、なにか怒ってい

記事を読む

ECショップ担当者の現場視点の困り事を感じて、早速、新しいコミュニティを作りました。

先日、ECショップ勉強会なるものに参加しました。 目的は、ECのトレンドとか、テクニッ

記事を読む

評論して「オレ、仕事をしているわ」と勘違いしないために意識していること。

ECの世界でも、AIとか、テクノロジーの進歩がハンパないです。 そんな中で思ったこと。

記事を読む

ECサイトリプレイス。カートシステムも大事だけど、どう組合わせるかもすごく大事。

ECカートのリプレイス。 どのカートを選ぶのかは、それぞれの会社の方針によって変わりま

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、事業会社の営業育ちのマーケターです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタル時代のてマーケティングの設計・運用を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑