オムニチャネルの中の実店舗の在り方って、なかなか難しい。

公開日: : 最終更新日:2017/04/12 ◆ 【WEBデジタルの仕事】

オムニチャネルを設計するときに、チャネルの機能をしっかりと把握することです。

提供する側の会社は、チャネルごとの機能をシッカリと把握して設計することが大切です。

ECは、現物を触れない、見られない。

EC(WEB)は【情報収集】、【商品購入】の実現が可能です。

一方で、実店舗は【情報収集】、【商品購入】に加えて【現物確認】が可能になります。

商材によっても違いますが、【現物確認】が購入するときに果たす役割は大きい場合もあります。

現物確認しなくてもわかる商材もあれば、やっぱり現物を見てからでないと決めにくいという商材もありますから。

実店舗を持つEC企業。

なので、ECの会社でも、実店舗を持とうとする動きがあります。

ドゥクラッセとか、そんな感じですよね。

実店舗は実店舗だけで採算だけを取るというより、顧客との接点を増やす、現物を確認してもらうことが目的です。

実店舗とECの会社の差。

そうなると、ECありきの実店舗のオペレーションと、実店舗ありきのオペレーションは、大きく違ってきます。

実は、ここの差は、とてつもなく大きいんですね。

店舗から始まった会社は、実際のところ店舗の売上が大きく、発言力や影響力も大きいです。

さらに、会社全体の評価や組織体制が、店舗を支えるために作られています。

ここが、オムニチャネルを組むときに、ぶつかる大きな壁です。

ECありきのフレキシブルに動ける会社と、何を決めるにも実店舗ありきで調整が必要な会社では、変化への対応のスピードが変わってきます。

実店舗ありきの会社の意識や体制をどう折り合いをつけていくか、オムニチャネル設計の問題ですね。

 

 

◆近況報告◆

今日は、いろんな会議です。

1日1新:なし。

関連記事

no image

その感覚、大丈夫ですか?

自分の感覚は、仕事をしていくうえで当たり前の基準に達していますか? 営業時代のお客様に感謝。 ボ

記事を読む

実店舗ありきのECがぶつかる壁。

オムニチャネルという言葉も古くなりつつある昨今、リアルな店舗とデジタルなECの組合せでどうやって価値

記事を読む

no image

不安や恐怖を感じるときに、ボクがいつも考えていること。

システムを構築するのには、とてもお金がかかります。 最初は「よし、やったるで!」と意気込んでい

記事を読む

オムニチャネルを始めよう!と思って、まず手を付けるのは何でしょう。

「オムニチャネルを構築しよう!」というのは良いことですが、気合や根性では構築できません。

記事を読む

隠れ家が売りなのに、ホットペッパーに思いっきり出てるし。

飲み会でのお店を探しているとき。 「・・・ん?」と思ったことがあります。 隠れ家のお

記事を読む

no image

戦略は、現場の経験があってこそ実行できる。

  戦略を描くには、現場での経験がなければ無理でしょう。 戦略を描いてみる。 ビ

記事を読む

【Eコマース超初心者講座】自分たちの商品を買ってみたことはあるか?

#989 【Eコマース超初心者講座】自分たちの商品を買ってみたことはあるか? 【Eコマース

記事を読む

モノを売るときは、相手が何に使うのか?を聞くのが鉄則。

以前、車販売店に行った時のこと。 売れない販売員の典型的な例。 一生懸命頑張っている車の

記事を読む

no image

結局は、本気じゃないから行動していないんだよね。

会社の状況が悪いとき。 あなたならどうしますか? 危機感を感じている人。 利益は、空気のよ

記事を読む

マーケティングの仕事は、ものすごく地味なもの。

予算を達成するためのマーケティング戦略を考えて、アクションに落とし込むときに思うこと。 多

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、ヨメの重圧と子育ての中、15年間の営業最前線から一転、今は、デジタル、リアルをひっくるめたマーケティングプランナーして事業のど真ん中で仕事をしています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑