【ブーム】流行りよりも定番が大事。

公開日: : 最終更新日:2015/03/30   ●マーケティング関連

boom

ブームは、ブームによって消されます。

商売をするときは、ブームに乗ろうとせずにしっかりとした定番商品をつくることが大切です。

ついブームに乗りたくなる。

世の中で商品Aが流行れば、自分たちでも商品Aを扱いたくなります。

しかし、ブームは永遠に続くことはありません。

ブームは、ブームによって消されます。

ブームに乗るのもほどほどにしておかないと、在庫の山だけが残ってしまうかもしれません。

営業の基本は定番品を獲得すること。

僕が営業のときは、毎月の金額が少なくても、定番を狙うことを心掛けていました。

流行りの商材の売込みもしますが、結局それは一発屋的な商売になってしまいます。

どんなに小さな金額でも定番商品が定期的に流れるということは、継続的にお客様との関係性を築けることになります。

さらに、そういった定番商品の利益が商売の基盤になります。

ブームに乗るよりも大切なこと。

マーケティングでも同じです。

EC事業をやっていると、「新しいマーケテング手法に力を入れよう!」みたいなことを言う人がいます。

確かにそういう意識も大切ですが、最先端の手法を取り入れるよりも、お客様の声を聞いてどれだけ真摯に対応するかが一番大切です。

商売には順序があります。

飲食店で言うなら、いくら流行りの料理を作って、お客様が来たくなるチラシを配っても、料理がまずければ意味がありません。

ブームの料理や最新のマーケティングより、何よりも自分たちが作る料理を見直すことが大切ですね。

 

◆近況報告◆

今日も打合せ三昧です。

1日1新:楽天カード

 

今日も一日、感謝を忘れずに今を楽しみます。

 

 

 

関連記事

競争より共創。下北沢のマーケティングの上手さ。

競争より共創。下北沢のマーケティングの上手さ。 下北沢は、商売が難しいと言われています。

記事を読む

「女性向けだからピンク色」という思考レベルは危険。

#825 「女性向けだからピンク色」という思考レベルは危険。 みなさん、こんにちは。

記事を読む

何はともあれ、ボクは形から入った方が良いタイプです。

「格好から入る」というのは、あまり良い意味では使われないことが多いです。 イメージ的に

記事を読む

no image

マーケティングは、アナログで深掘りして、デジタルで拡げる。

マーケティングは、アナログで深掘りして、デジタルで拡げる。   最近思ったボクの中

記事を読む

戦略は、数字に落とし込まないと実行力が伴わない。

戦略を作っていて思うことは、「頭の中の戦略を数字に落とし込まなければ、実行できない。」という

記事を読む

裏側を見るようにした方がいい。

  #714 裏側を見るようにした方がいい。 こんにちは。コジマです。 仕事でも

記事を読む

no image

ビジネスに対する問いの三段活用。

ビジネスに対する問いの三段活用。   最近、自分の中での問いのビジネスの立て方に、

記事を読む

営業現場経験を持ちつつWEB制作ができる人は少ない。今さらですけど自分の強みに気がついた。

営業をしていた頃「WEBとか、ECとか言うけど、自分でお客様を訪問して売るのが一番おもしろい

記事を読む

no image

組織に活気がないなら、自分にできることをやってみる。

組織や会社が悪いのか。 個人が動かないから悪いのか。 どっちなのでしょう? 活気のある

記事を読む

MA(マーケティングオートメーション)に使われる会社、使いこなす会社。

マーケティングオートメーションが流行り出したのは、2,3年ほど前からだと記憶しています。

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑