食パンは何枚スライスが当たり前なのか。

#917 食パンは何枚スライスが当たり前なのか。

bread-1426350-m

みなさん、こんにちは。

普段、何気なく食べている食パン。

何枚スライスを食べていますか?

関東と関西の違い。

関東と関西では、食パンの主流のスライス枚数に違いがあります。

関東では6斤もしくは8斤が多いと思いますが、関西だと5斤が主流だそうです。

同じ食パンなのに「は??5斤ってなんで??」と思いました。

どうやらこういう理由らしい。

関東にパンが広く知れ渡ったきっかけは、木村屋のあんパン。パンというのは、間食として食べるもので、せんべいのようにさっくりした食感が好まれるところからパン屋さんが薄めに切った6枚や8枚タイプが主流になったそうです。

一方の関西。

外国人が主食として食べるものとして広まったので、それなりにずっしりしたものが求められました。さらには、お好み焼きやたこ焼きが好きな関西では、もっちりした食感が求められます。昔は、パン屋さんでそれぞれスライスをしてくれたので「一番おいしい」と感じた5枚切りが主流になったそうです。

これは友人から聞いた話なので本当かどうかはわかりませんが、ありえそうな理由です。

相手を慮るチカラ。

後輩から相談を受けました。

「上司の言っていることに納得がいかない」「やり方がおかしいと思う」といった内容でした。

人はつい自分の考えが違うと「は??」と思いがちです。

人にはそれぞれに想像しえない事情があり、考え方や背景が違います。

それぞれの立場や価値観があるので、自分と違う意見があるのは当たり前です。

意見が違う時、相手はなぜそう考えるのか、そしてどういう切り口で切り込んだらお互いにメリットが出るのだろうか。

食パンが5枚切りになっていることに対して、「は?おかしいだろ」と言ったところで仕方ありません。相手を慮る力が必要です。

 

◆近況報告◆

今日は、戦略設計に没頭予定。

1日1新:カタログハウス。

 

今日も一日感謝です。

 

 

関連記事

no image

#344 根性論と言われても。

今日は、子どもたちと一緒に遊ぶ一日でした。 今日の体重 84.1kg。げげげ。。。何で太ったんだ??

記事を読む

営業でもECでも、売上の作り方は同じ。

営業の現場を17年経験したあとに、EC事業をやっているボク。 営業でも、ECでも、必勝

記事を読む

no image

マーケティング無くして、働き方改革無し。

働き方改革には、残業をしない業務の設計が必要です。 ただ、そこでひとつ気を付けなければならない

記事を読む

no image

#283 構造をとらえて。

今日は終日部下と同行。さらに娘がインフルに。。。 今日の進捗。 第一クール 新規開拓20件 残り56

記事を読む

no image

商売感覚がないとビジネスにならない。

商売感覚を持たないとビジネスにならない。   会社には、2種類のタイプの人がいます

記事を読む

【士業マーケティング】意外と知らない?士業のマーケティング戦略の組み立て方。

先日、司法書士の高杉さんとランチしました。 高杉さんとは、幅広い情報交換でいろんなアイ

記事を読む

「何を食べたら健康になりますか?」という愚問。

会社の売上が下降してきたら、何とかしなければなりません。 もちろん調子が良い時に次の手

記事を読む

営業は商品を売り込むのではなく、商品を使って需要を探すのが正解。

#909 営業は商品を売り込むのではなく、商品を使って需要を探すのが正解。 みなさん、こん

記事を読む

no image

その考えの違いが未来を決める。

一般的な大人は、仕事に多くの時間を取られます。 なので、仕事への姿勢や考え方って、とても重要。

記事を読む

no image

#380 羨望を学習に変える人。

今日は、朝から息子サッカーの本大会。白熱するゲームに、親御さんたち(自分含む)が円陣組んで、掛け声

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑