コンテンツマーケティングでSEOをかけるなら、自社の商品が核にあることを理解しよう。

公開日: : 最終更新日:2018/10/11 ◆ 【WEBデジタルの仕事】,   ●マーケティング関連

少し前になりますが、『コンテンツSEOマーケティング』が流行りました。

コンテンツSEOマーケティングとは、コンテンツ(情報)を発信(記事)にして、SEOをかけて検索からの見込客を集めて、優良客に育成するマーケティング全体の中の入口部分で機能させる手段です。

 

この手の業者さんはたくさんいて、売込みもたくさんいただきます。

コンテンツマーケティングのやり方はいたって、シンプルです。

  1. 誰に対して発信するの?
  2. その人の課題(ボクたちは、ユーザータスクと呼んでいます)は何だろね?
  3. その課題の中にあるキーワードは何だろね?
  4. そのキーワードの検索ボリュームはどれくらいあるのかな?
  5. 検索ボリュームの大きいキーワードを軸にテーマを決めよう。
  6. SEOのお作法をしっかりと組み込もう。
  7. 記事を量産しよう!

という流れです。

ただ、これ、実は上手くいっている会社をあまり聞いたことがありません。

大号令で「記事が多ければ多いほどSEOに効くから、一人当たり30本を1ヶ月で書き上げよう!」と言って、大量の記事が集まったと喜ぶのもつかの間。

SEO的には良くても、それらのコンテンツの中身がユーザーの課題の解決にならなければ意味がありません。

にも関わらず、あくまで個人的な感想ですが、多くのコンテンツ製作会社さんは『SEO>ユーザー課題解決』という図式になっています。

「SEOを効かせたコンテンツで、上位表示させます!」みたいな業者さんが多いこと多いこと。

個人的には、ビックワードではなく、ビックワードと掛け合わせたキーワードで、ユーザータスクの解決方法を、訴求ポイント、相手の認識レベル、わかりやすいロジックとプロセスを組み合わせた記事を丁寧につくることが大切だという結論に達しています。

 

これは、モテるために、中身がないまま、テクニックでなんとかしようとするのと同じです。

たしかに、テクニックで一時的には、モテるかもしれません。

しかし、時間が経てば、元通り。

 

『人間は中身が大事』と同じように、コンテンツも『中身が大事』です。

もう少し言うと、そのコンテンツの核になるのは、自分たちの想いであり、その想いが詰まった商品やサービスであるということです。

ゆえに、最強のコンテンツは、自分たちの想いが詰まった商品やサービス自体であるということです。

 

 

●「え?マーケティングって何??」とお困りならばお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!


 

◆近況報告◆

今日は、コンサルと打合せです。

 

関連記事

no image

大手ECサイトに学ぶ。すべては微差の積み重ね。

先日、とある大手ECサイト運営をしている方にお話を聞いていて思ったこと。 ふんだんにあるリソース。

記事を読む

売上予算の塊を分解すれば、やるべきことが見えてくる。

「売上を上げたい。」 会社から与えられた予算にしろ、自分の目標売上にしろ、そう思うこと

記事を読む

好調なリサイクルショップの超フロンエンド商品とは?

継続的に商売をするなら、利益が必要です。 利益を上げるためには、モノやサービスを買って

記事を読む

隠れ家が売りなのに、ホットペッパーに思いっきり出てるし。

飲み会でのお店を探しているとき。 「・・・ん?」と思ったことがあります。 隠れ家のお

記事を読む

no image

街の写真館のおじいちゃんカメラマンの悲劇。

先日、カメラマンの友人と久しぶりに飲みました。 そこでの話に思ったこと。 街の写真館

記事を読む

素直さを引き出せる人であるために、自分も素直でいたい。

仕事をする上での「素直さ」は、とても重要な要素です。 仕事がうまくまわっていない若手を

記事を読む

権利は極大、義務は極小。誰かが何かをしてくれると勘違いをする大人。

息子は中1ですが、気が早いボクはいろんな高校を見せておこうと考えて、ちょいちょい学校説明会に

記事を読む

no image

上司たるもの、部活にフラッと来たOBになってはいけない。

ボクが上司として気をつけていること。 それは、「任せたことには、口を出さない!」ということ。

記事を読む

no image

同じ幅の平均台でも、高さが違えばプレッシャーも大きく違う。

現場には、独特のプレッシャーがあります。 同じ意思決定でも、現場のど真ん中でする意思決定と、な

記事を読む

ECやWEBのトレンドをつかむためにやっていること。

ECやWEBの世界のテクノロジーって、進歩が本当に速くてビビります。 ちょっと前まで「

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    マーケティングの基本、現場のマーケティング事例を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、ヨメの重圧と子育ての中、15年間の営業最前線から一転、EC運営子会社へ出向し、今はマーケターとして事業のど真ん中で、WEBも実店舗もひっくるめてマーケティングを設計しています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑