ルールがあるとスムーズだけど。

公開日: : 最終更新日:2014/10/21   ●自分の仕事論!

#621  ルールがあるとスムーズだけど。

SHIO63_jyutaicyu500-thumb-260xauto-3443

こんにちは。小嶋です。

夫婦だからあうんの呼吸ができればいいのですが、

実際はそういうことはなく、日々小さな誤解やすれ違いが発生します。

(いずれは、あうんの呼吸になりたいものですが。)

そして、その小さな積み重ねが、大きな問題へと発展することもあります。

そこで我が家も、今年からいくつかルールを決めることにしました。

「愛し合っていればそれでいいじゃん」というのも一理ありますが、

我が家に愛がない訳ではありませんが、

少なくともルールがあった方がスムーズです(笑)

 

■ルールを作る過程で理解できる。

家庭内のルールを作るには、前提が必要になります。

なんでそのルールが必要なの??といったことです。

そのことが夫婦のすれ違いを減らすことになります。

自分では良かれと思ってやっていたことも、

実は相手にとってはありがた迷惑だったなんてことはよくある話。

「自分の夫婦に限ってそんなことはないよ~」と思っていましたが、

・・・あるわあるわ。

例えば、ボクの帰宅時間。

「なるべく早く帰って、子供を風呂でも入れてやろう」と思っていました。

しかし、中途半端な時間に帰ることがかえって邪魔になっていたのです。

そして機嫌が悪くなり、悪化するという悪循環。

そこで導入したのが「帰ってきちゃダメTIME」の設置。

「決めた時間までに帰れないようなら、子どもたちが寝るであろうこの時間まで

帰ってこないでね、邪魔だし、意味ないし、子供も興奮しちゃうし、いいことないから。」

という理由です。

ボクが帰ったときに機嫌の悪い理由は、ボクが悪いわけではなく、

到着する時間が悪かったわけです。ほっ。

と、ルールを決めることで、お互いの認識をすり合わせできて、

余計なケンカを回避できるようになります。

 

■ルールは渋滞を作るものではない。

ルールとは、相手をがんじがらめにするものでも、

できていないから「何やってんのよ!!」とケンカのきっかけに

するためのものでもありません。

交通ルールは、渋滞をさせるためにあるのではなく、

スムーズに安全に道路を使えるようにするためのものです。

我が家のルールも、お互い気持よく過ごすためにあります。

しかし、そのルールを守っていないと「何で守らないんだよ!」と

イラッとしてしまうのも事実。

そこは、器を大きくしてカバーする必要があります。

 

■何のためのルールか。

もちろんここで、「ルールを作ろうね!」と言いたいのではなく、

「お互いを理解しあって、楽しく過ごそうね!」と言いたい訳です。

これは仕事でも同じですね。

「ルールを守っているか」にフォーカスされることが多い昨今、

「何のために仕事しているのか本質を考えようよ~」と言いたくなることが

あまりにも多いと思います。(ボクの周りだけかも)

仕事は、ルール通りにいかないこともたくさんありますし、

ルールを守らないことがお客様のためになることもたくさんあります。

何のためにルールがあるのか。そこが大事です。

 

 

【3Knot CLUB】のフェイスブックページができました!
ぜひ「いいね!」お願いします!

 

★近況報告★

年明けからの問題が炎上しそう。。。

ここからの回復を目指します。

 

今日の体重 計測できず。

体重計どうも調子が悪いのはただ電池がないだけのよう。

電池変えます。

 

 

今日も一日感謝です。

 

関連記事

「おもしろがる」とは、「変化し続けようとする強い意志」

#856 「おもしろがる」とは、「変化し続けようとする強い意志」 みなさん、こんにちは。

記事を読む

時間がない人は、とりあえずやることを予定に入れてしまえばいい。

  #745 時間がない人は、とりあえずやることを予定に入れてしまえばいい。

記事を読む

【シンプル・イズ・ベスト】シンプルな思考ができるようになりたい。

モノゴトをシンプルにデキる人は、例外なく仕事がデキる人です。 ああ、自分もそうなりたい

記事を読む

「当たる宝くじがあるなら、買います。」と言うつまらないオジサンにはなりたくない。

忘年会の二次会。 会社の先輩と飲んでいて、どうしても話が合わない場面に遭遇。 成功す

記事を読む

利益無き事業での決断をする前に、自分を変える決断をする必要がありそう。

ビジネスでは当たり前ですが、リターン(利益)見込みがない事業は、建て直さなければいけません。

記事を読む

異動や退職に伴う「業務の引き継ぎ」の準備をしていますか?

この時期、異動や退職に伴う体制の変更があります。 その際に「引き継ぎ」をすることになり

記事を読む

時間コストを考えない思考では、うまくいくことはない。

時間コストを考えない経営は、うまくいかないと思います。 それぞれの価格。 みなさまの周り

記事を読む

センターピン理論。小6の息子に伝える”支点”の大切さ。

先日、息子の塾の保護者会に参加しました。 話を聞いていて大切だと再認識したのは、”支点

記事を読む

社内評論家にはなりたくない。チャレンジしない損失は誰が負うのか?

事業では、売上を上げ続けなければいけません。 その売上を上げるには正解なんてものはない

記事を読む

「マイセン」と聞いて何を思い浮かべるか?

昨日は、【第一回人見知り会社員限定ミートアップセミナー】を開催。 たくさんの方々に

記事を読む

  • 【3knot-DAYS】へようこそ!

    ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。
    ヨメの重圧と子育ての中、仕事をおもしろくするサラリーマンを目指す人にちょっと役立つブログです。
    仕事は、マーケティングプランナー。WEBも実店舗もひっくるめて、オムニチャネル戦略をやっています。

    *タイトルの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑