先輩や上司として説得力のある話をするためには。

公開日: : 最終更新日:2019/03/13   ●自分の仕事論!

先輩や上司として説得力のある話をするためには。

 

社会人になると、先輩や上司がいろいろ教えてくれます。

それを素直に聞くことはとても大事です。

ボクも、先輩や上司として何かを伝える際、気をつけていることがあります。

混乱する自分。

まだ社会人になりたて営業をしていた頃、先輩や上司の方々がいろいろなことを教えてくれました。

比較的素直なボクは、「ふんふん、そういうものなんだ。」と相手の話をキチンと聞いて、自分の仕事に役立てようとしていました。

しかし、ときに、人によって逆のことを言われることがあるんですね。

例えば、Aさんは「お客は神様だから、とにかくお客の言うことを聞け。」と言い、Bさんは「お客と言えども対等な立場で、最善の解決策を押し通すべきだ。」みたいな。

「おいおい、一体どっちなんだ。。」と混乱していました。

聞かなくても良い相手。

よくわからなくなってきたので、仕方ななく「この人の言うことは実践するけど、あの人の言うことは聞き流す」と自分の中で線を引くことにしました。

その線引きの基準は、『その人の営業成績が良いか否か』です。

まあ、当たり前ですよね。

しかし、世の中には実績を残していないのに、崇高なことやノウハウをやたら上手に語る人もいるんです。

まだ社会人なりたての頃の自分からすると、実績を残していて説明が下手な人より、実績はないけど説明が上手な人の方の話に「なるほど~、そういうものなんだ」と妙に納得してしまっていました。

説得力を持つには。

仕事をしている以上は、最低限成果を出していなければ、何を言っても説得力は出てきません。

成果を出していないのに、どこかから借りてきた崇高な理念やノウハウを言ったところで、立体感がありません。

たいして勉強もしていないで成績も悪いのに、偉そうに効率の良い勉強方法を語るようなものです。

そして、その理念やノウハウが本物なのか、わかる人には一発でわかります。

先輩や上司として、自分なりのノウハウや理念を後輩や部下に話すのも良いですが、まずはシッカリと成果を出さなければ何の説得力も出ませんね。

 

 

●「マーケティングをやらないと。。」と思ったらお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

↓Kindleで本を出版してみました↓

関連記事

息子テスト0点。テストの答え方にはルールがあることに学んだ”大人の戦い方”。

息子、10歳、勉強がとても嫌いです。 しかし、その息子も周りにいる塾に通う友人の影響な

記事を読む

成果への貪欲さ。

#598 成果への貪欲さ。 「百聞は一見に如かず。」 みなさんも聞いたことあるの

記事を読む

テンパる男はカッコ悪い。テンパらない3つの方法。

#929 テンパる男はカッコ悪い。テンパらない3つの方法。 みなさん、こんにちは。

記事を読む

「部下が辞める」上司のあなたはどう考えますか?

部下からこんな話があることも多いかと思います。 「会社、辞めようと思います。」

記事を読む

no image

#386 不安の減らし方。

息子、学童歓迎会の司会の巻。意外と似合っていてうれしいです。夜はピザを食べに下北沢へ。比較的新しく

記事を読む

自分が変わるより、周りが変わることを期待していた自分に気がつく。

売上が悪いと会議が増えます。 その会議で気が付いたことがあります。 変化の大切さは知

記事を読む

江ノ島で釣りをして、人に頼ることも大切だと学んだ。

先日、息子と江ノ島に釣りに行きました。 そこで気がついた自分の思考のバグについて。

記事を読む

40歳を超えたボクが、いろんなことがあって今興味のあることは、◯◯と◯◯。

ボクの社会人生活は、営業職から始まりました。 そこから、どんなことに興味を持ってきたの

記事を読む

売上の良い部署、悪い部署。その差は「何とかなる」と考えているか否かの違い。

リアル店舗の改善ポイントを、ここ2回ほど書いています。 リアル店舗に限らず、ECや営業

記事を読む

【予算の考え方】こんな勘違いをしている人とは仕事をしたくない。

実は、予算を通じて見える人間性があります。 そんなことをまとめてみました。 予算とい

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑