サラリーマンが変化変容をするには?

公開日: : 最終更新日:2019/01/09   ●マーケティング関連

サラリーマンが変化変容をするには?

 

サラリーマンをしていると、いろんな意味での危機感を持ちます。

一方で「このままでも、誰かが何とかしてくれるから大丈夫でしょ。周りのみんなも同じだし。」というアホで甘っちょろい考えでその危機感を乗り切ろうとする自分もあります。

後者の傾向が強い自分は、日々志高く、積極的に動いている方々のメルマガやブログに触れ、「ああ、自分は何て甘いんだ。。何とかしないと。。」と気が付き、怠惰な自分へ転げ落ちるギリギリのところで踏み止まり、自分を変化変容させようと思っています。

では、実際にどうやって変化変容させればいいのでしょうか?

変化変容って必要なの?

いつもと同じ時間に起きて、いつも通りのルートでいつも通り通勤し、いつもと同じように働いて、いつもと同じような週末を迎える。

もちろん見方によっては、安定した何気ない日常はとてもシアワセなことです。

しかし、一方ではその生活の集積によって、自分の知らないうちに逓減しているような自体になることもあり得ます。

なぜなら、世の中は常に変化しているからです。

ゆえに、常に今に感謝しつつも、自分自身も変化をした方がいいというのがボクの考えです。

その変化変容をするには、今までと違う行動をしなければいけません。

アインシュタインさんも、こう言っていますよね。

「同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。」

では、どうやって今までと違う行動をすればよいのでしょう?

行動をするには?

では今までと違う行動をするには、どうしたら良いのでしょう?

今までと違う行動をすることを妨げているものをどかせばいいわけです。

個人的に”妨げている”と感じているものは、時間と怖れです。

一つ目の時間。

サラリーマンで家族がいると、自分が自由に使える時間というのは、平日で多くても2~3時間、休日でも4~5時間(家庭のパワーバランスによる)です。

なので、一週間で20時間程度。

こうした時間は、つい「あ~疲れた~」と言って、癒しやリフレッシュという名目で、テレビを見たり、スマホをいじってしまいがち。

すると、アッと間に変化のための行動をする時間は消えて無くなってしまいます。

そのテレビやスマホに向かう行動を、未来への行動に変えたいものです。

もうひとつは、怖れ。

ボクは、新しいことをするときに躊躇してしまいます。

それは、失敗する怖れであり、カッコ悪いと思われたくないちっさなプライドが邪魔をするんです。

そこを無くすには、環境をつくり、小さく小さく時に大きくチャレンジしていくしかないと思っています。

やろうとする行動から変化変容が起こるハズ。

こうして書くと、そんなに難しいようには思えません。

しかし、実際にやろうとすると、ものすごいなかなか難しい。

それは、平面地図上で行けると思って実際に行ってみたら、上り坂や下り坂、崖もあれば、谷もあって、行く手を憚られるようなものです。

変化変容をするために行動しようとしても、突発的な問題、怠惰な自分との闘い、モチベーションの浮き沈みなどが絡み合い、わかっていてもできない状態が続き、やがてその状態が自尊心を傷つけていきます。

ボクもそんな状態が続いていますが、それでも少しずつ前に進もうとすること自体が変化変容をもたらしてくれると考えて、今日も1分でも良いので未来への行動をしようと思います。

 

 

●「マーケティングってどうしたら良いのかな。。」と不安ならばお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

↓Kindleで本を出版してみました↓

関連記事

【マーケティングヒント】リピートをしてもらいたいのなら、それをしっかり伝えよう。

リピーターをつくろう!というのは、どの商売でも大切なこと。 みなさん、頭ではわかってい

記事を読む

現状が悪いのに「現実的にはできない。」というおかしい。

売上が悪ければ、利益が出にくくなり、会社としては何かを変えて、手を打たなければなりません。

記事を読む

100均のワッツの戦略を参考にしています。

仕事柄、100円ショップ、通称100均が気になります。 100均の中でも、センパイから

記事を読む

no image

自分のレベルを上げる努力をしていないなら、5年後を覚悟しておいた方が良い。

自分のレベルを上げる努力をしていないなら。   大型連休の真っ只中。 家族と

記事を読む

no image

知識と行動のどちらが正解に導いてくれるのか?

知識と行動のどちらが正解に導いてくれるのか?   ビジネスの正解を出すためには、正

記事を読む

no image

オムニチャネルはラストワンコミュニケーションが重要。

オムニチャネルはラストワンコミュニケーションが重要。   実はオムニチャネル戦略で

記事を読む

no image

社会に出てからの応用問題を解くチカラ。

学生のときは、決まった正解に効率的に辿り着く力を試されます。 単純な計算問題もあれば、ちょっと

記事を読む

no image

負のポタポタ言葉は即座に止めるべき。

鍾乳石は、1cm高くなるのに、70年かかるそうです。 たった一滴の雫から始まり、ポタポタポタポ

記事を読む

下北沢カレーフェスティバルに学ぶ。競合との競争は共創である。

下北沢での商売をみていると、そこらの本を読むよりも、肌感覚でマーケティングを学ぶことができま

記事を読む

『イカのおすし』のポスターを描きました。

「新たなアイデアは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない。」 みなさまご存知、ジェ

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑