ブレアーズサドンデスソース。激辛と書いてあるけど、本当の激辛ではない。

公開日: : 最終更新日:2019/01/05   ●自分の仕事論!

ブレアーズサドンデスソース。激辛と書いてあっても、本当の激辛ではない。

 

コンビニに行くと、パッケージに「激辛」と書いてある商品を見ます。

こうした商品は、本当に激辛なのでしょうか?

ブレアーズサドンデスソースで。

昨年末の会社の忘年会でのこと。

ボクのボスは、童心に帰って、学生みたいにちょっとオイタをする飲みをするのが好きです。

特に、辛いものを食べさせるのが大好き。

この日は忘年会ということで、ゲームの景品に正規品/ 辛さ40倍ブレアーズ サドンデスソース150ml 1本がありました。

料理もイタリアンなので、このソースとの相性がピッタリ。

ボスは、目を輝かせながらソースを振りまき、各々の自主性に任せて食させます。

もちろんボクも自主的に食べてみましたが、食べた瞬間、、、絶句からの悶絶。

この商品の説明に「注意!この商品は辛さを追求した逸品です、絶対にイタズラで使用しないで下さい。」と書いてあるとおり、ふざけてはいけません。

そして、ボクは思ったわけです。

「こ、これが本当の激辛か。。」と。

激辛は本当に激辛なのか?

この日を境に、「辛さ」に対する閾値が一気に上がりました。

そして、コンビニで売られている「激辛」とパッケージに書いてある商品に対して、「あまちゃんだぜ」とひとり思う今日このごろ。

コンビニでの「激辛」は本当に激辛かといえば、比較するものにもよりますが、言うても辛くありません。

当たり前のことですが、耳障りの良い「激辛」なんですね。

それを「オレ、水も飲まずにこの「激辛」のポテチ、全部食べられるぜ!」と自慢しても、痛い人に思われるだけ。

しかし、世の中には「その激辛を完食できる!」を鼻にかけているような人もいたりします。

自分の閾値を広げよう。

この辛さ40倍ブレアーズ サドンデスソース150mlの辛さを知るまでは、「なにこれ~、激辛じゃん~」と言えるくらいの辛さしか知りませんでした。

しかし、この日を境に絶句からの悶絶級の激辛でもないのに、「激辛」と言っているのが、かわいく見えます。

同じように、普段の仕事でも、生活の中でも、上には上があるものです。

にも関わらず、「オレ、最高のものを知ってるぜ!」みたいな言動は痛いもの。

自分の閾値は常に広げる努力をしないと、お山の大将になりかねません。

さて、あなたの辛さの閾値は、コンビニ級ですか?

辛さ40倍ブレアーズ サドンデスソースですか?

 

 

●「マーケティングってどうしたら良いのかな。。」と不安ならばお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

↓Kindleで本を出版してみました↓

関連記事

ルールがあると便利だけど、ルールばかりだと考える力がなくなる。

#907 ルールがあると便利だけど、ルールばかりだと考える力がなくなる。 みなさん、こんに

記事を読む

会社組織で、自分がやりたいように仕事をするために必須の考え方。

会社では、すべて自分のやりたいように仕事を進めることはできません。 自分ですべてを決裁

記事を読む

9回裏ツーアウトからの打つ手は限られています。

通勤電車では、いろんなサラリーマンを見ます。 読書している人、新聞を読む人、口を開けて

記事を読む

本でもセミナーでも教えてくれない?わかりやすい社内資料の作り方。

本でもセミナーでも教えてくれない?わかりやすい社内資料の作り方。 同じ資料作成をお願いして

記事を読む

no image

行動力を上げるには、目的から考えるのか?手順から考えるのか?

何かをするときに、目的を考えることはとても大事です。 しかし、目的があるからといってモチベーシ

記事を読む

no image

バグだらけ #35

昨日から「石の目探し」をしています。 「石の目探し」をしていると、本当にたくさんのバグも見つかります

記事を読む

「高い」とか、「安い」とか、その判断の基準はどこにありますか?

何かのツールを導入しようと稟議を切るとき。 「それ、高いだろ」とか「う~ん、その安さな

記事を読む

オムニチャネルコマースの時代、ただのアクセス解析では不十分。

ユーザーの動向を知るためには、よくアクセス解析が用いられます。 そのアクセス解析といえば、Go

記事を読む

no image

カメラを向けられると、いつもより2割増しの笑顔をしたくなる。

  先日、とあるメディアに取材をしていただきました。 そのときに思ったこと。

記事を読む

no image

#154 チャンスはカタチを変えている

今日は、新しいマーケットの創造をしようと思い、全く違う分野の介護福祉機器フェアへ!へええ、いろんな商

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑