成功事例は、そのまま使えるわけではありません。

公開日: : 最終更新日:2018/11/08   ●自分の仕事論!,   ●マーケティング関連

成功事例というのは、そのまま使えるわけではありません。

必ず、自分たちで使えるようにチューニングする必要があります。

 

よく「成功事例をマネして、売上をあげよう!」という声を聞きます。

しかし、成功事例の施策をそのままマネしても、うまくいくことは少ないものです。

考えてみれば当たり前の話ですね。

成功事例の表面的な施策だけを見て、「ウチもこの施策をやろう!」というのはとても簡単です。

しかし、その成功の背景には、色々な状況や努力があるハズです。

見えやすい部分で言えば、掛けられるお金、時間、人といったリソース。

他にも、仕事への姿勢や普段からの取組み、お客様との信頼関係など。

 

営業をやっていたとき、こんなことがありました。

「売上の良い営業マンは、常に商品のサンプル帳を持っていて、お客様に見せながら商談をしている」みたいなことになり、「全員、サンプルを持って商談しよう!」となり、みんな重いサンプルを持って出かけました。

しかし、結果的には、なかなかうまくいかない。

「なんでだろう??」と、その先輩に聞いてみたところ、こう言われました。

「サンプル帳を持っていけばうまくいくのではなく、サンプル帳を見せればうまくいきそうなお客様を選別して訪問するんだよ。」と。

 

なるほど。

そりゃあそうですね。

 

マネをするのは、『概念』であって、『施策』ではありません。

その先輩がうまくいっていたのは、”サンプル帳を持っていたから”だけではありません。

その背景には、気がついていない成功した要因がいろいろあったわけで、むしろそちらの要因のほうが重要だったりするわけです。

 

成功事例をマネるのは良いですが、マネする部分に気をつけなければいけません。

成功事例に依存してマネをするのではなく、成功事例を活用して、自分たちで正解をつくるぞ!という意識を持つことが大事です。

 

 

●「Kindle出版の活用方法を知りたい」「マーケティングやりたいけど。。」と不安ならばお声掛けください●

【マーケティング支援サービス】

*ご自身のマーケティング戦略を考えたい、マーケティング知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

↓Kindleで本を出版してみました↓

 

◆近況報告◆

今日は、朝からコンサル含めて打合せです。

関連記事

no image

プロセスの分解 #60

今日は、某メガバンク本社で新規ビジネスマッチングに参加して自社のプレゼン。メガバンクの本社内なんて初

記事を読む

【壊すものもビジネス】未来の事業をつくるときに気をつける3つのこと。

既存事業が足かせになって、前に進めないことってありませんか? 壊すことへの抵抗。 人は、

記事を読む

こんな営業と仕事をするなら、きっといい仕事はつくれない。

    #769 こんな営業と仕事をするなら、きっといい仕事はつくれない

記事を読む

事業計画をつくるときには、ダイエットに例えて考えています。

仕事をおもしろくするには、シンプルにすることが欠かせません。 しかし、現実はややこしい

記事を読む

#723 営業は、アンテナ、チューナー、映像+感受性を磨いた方がいい。

  #724 営業は、アンテナ、チューナー、映像+感受性を磨いた方がいい。  

記事を読む

40歳の分かれ目。工夫を忘れた大人にはなりたくない。

結局のところ、会社員でも、独立起業でも、仕事をおもしろくできる人は仕事をおもしろくできるし、

記事を読む

no image

デジタル領域で大事なのは、足腰を鍛えること。

デジタル領域で大事なのは、足腰を鍛えること。   デジタルの領域で思うのは、結局大

記事を読む

決断が遅い人には、この2つが圧倒的に足りないのかも。

仕事がデキる人は、決断がものすごく早く、アクションが早いです。 一方で、それなりのポジ

記事を読む

「恥ずかしい。」という思考のバグ。

自分では完璧!と思っていても、必ず抜け漏れというものがあります。 特に、ボクの場合は。

記事を読む

no image

自分で考えて、自分で決断して、自分から行動しているか。

自分で考えて、自分で決断して、自分から行動しているか。   仕事をする上で、自分の

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑