マーケティングの醍醐味。

公開日: : 最終更新日:2018/06/02 ◆ 【WEBデジタルの仕事】,   ●マーケティング関連

最近、考えていること。

それは「どうしたら、買いたくなる(≠売上を上げる)のか?」です。

なぜ売上を上げたいか。

職場の空気に閉塞感があるとき。

みなさんならどうしますか?

飲み会でコミュニケーションを取りますか?

それとも、チームビルディングや研修を受けますか?

ボクは、まずは買いたくなる仕組み(≠売上を上げよう)とします。

売上が悪いと、職場というのはギスギスします。

ギスギスした職場では、おもしろい仕事は創れません。

逆に売上が上がると、多少のことは気にならなくなって、心にゆとりが生まれます。

ゆとりが生まれれば、職場にもゆったりとした空気が流れます。

なので、ボクはおもしろい仕事を創るために、買いたくなる仕組み(≠売上を上げたい)をつくりたいと考えています。

買いたくさせるには。

買いたくなる仕組みとは、何が必要なのでしょう?

小売業で多く見られるのは、「セールをやる」「クーポンを出す」といった施策。

ボクの会社でも、そういう系の施策が多いです。

確かに、一時的には売上が上がるかもしれません。

しかし、あくまで一時的であって、継続的にはムリな話。

それでも麻薬のように打ち続けてしまいます。

そして、その結果、、、利益が出ない構造になってしまい、窮地に追い込まれてしまいます。

マーケティングの醍醐味。

買いたくなってもらい続けるには、一旦立ち止まってみて、地に足をつけて考えることも必要です。

自分たちは、何を価値として提供しているのか?

その価値は、お客様にとって本当に価値のあるものなのか?

その価値を提供し続けるには、どうしたらいいのか?

そして、どの接点で、どんな体験を提供し、どんなメッセージを伝えたいのか?

その結果として、どんなおもしろいことをしたら、買いたくなってくれるだろう?

最近、そんなことばかり考えています。

そんなことで頭に汗をかいて、行動に落とし込んで「ああ、うまくいった!」「ああ、これはダメか~」という工夫の連続が、マーケティングの醍醐味ですね。

 

●お知らせ●

新サービスを始めました。

【治療院・整体院の方向けのマーケティング雑談サービス】

【マーケティング雑談サービス】

*マーケティングを知りたい、はじめたい!という方のためのサービスです!

 

◆近況報告◆

今日は、娘の習い事などです。

関連記事

会議でこの言葉が出てこない会社はかなり危険。

打合せをしていて思ったこと。 「こんな調子じゃ、マーケットから置いていかれちゃうな。。

記事を読む

no image

マーケティングを設計と自分自身の成長への施策を考えるポイントは同じです。

この時期、通信学習の宣伝が多くなりますよね。 新年になると、新たな目標を立てたくなり、新しいこ

記事を読む

【現場感覚】オムニチャネルの話から自分の強みが見えた話。

ボクの仕事は、マーケティングであり、買い受ける仕組みを作ることです。 昨日、とある人の

記事を読む

no image

第二領域の活動を増やすための方法は、いたってシンプル。

今売るための施策と3年後に売れるための施策。 どちらが大切でしょう?  

記事を読む

オムニチャネル初心者の担当者必見。オムニチャネルは、合コンに例えて考えるとうまくいく。

小売業界では【オムニチャネル】【CRM】というキーワードが流行っています。 昔はお店で

記事を読む

no image

ディズニーランドを裏側から見てみると。

ビジネスは、表面的なことだけを見ても、なかなか応用できません。   例えば、み

記事を読む

no image

【マーケの備忘録】セールスライティングの質は、スタート時点で決まってしまう。

マーケティングとは、売れる仕組みをつくること。 表面的なノウハウになってしまいますが、【マーケ

記事を読む

無茶ブリに対する姿勢。

無茶ブリに対しての反応は、ものすごく重要です。 無茶ブリ。 仕事では、無茶ブリが飛んでき

記事を読む

信頼関係を築くためには、わかりやすい説明をすることが大事。

デジタルマーケティングを組み立てていると、やたら横文字が多いわけで。。。 ベンダーさんと話

記事を読む

【企画と計画】庭師に学ぶアイデアマンのポイント。

企画は、実行しなければ意味がありません。 実行するには計画が必要です。 企画は実行し

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    ビジネスで使えるマーケティングの基本を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、営業育ちのマーケティングプランナーです。日々のヨメの重圧にも負けず、デジタルとリアルを組み合わせて最適なマーケティングの設計を事業のど真ん中でやっています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    アイデアは、ご自由にお持ち帰りください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑