モノを売るときは、相手が何に使うのか?を聞くのが鉄則。

公開日: : 最終更新日:2017/09/09 ◆ 【WEBデジタルの仕事】

以前、車販売店に行った時のこと。

売れない販売員の典型的な例。

一生懸命頑張っている車の販売員さん。

いくら一生懸命にお客様のためを想っていても、こんな質問をしていたらなかなか売れません。

その質問は、「どんな車をお探しですか?」です。

なぜでしょう?

その質問にボクは「う~ん、SUV系なんか良いですね。」と答えると、SUV系の車のパンフレットを持ってきて「こんな機能がたくさんあって、性能も高いです。」みたいなことを言ってきます。

車種の排気量やら、馬力やら、サスペンションやらといったところでしょうか(すみません、ボクは車に詳しくありません)。

それらの機能や性能を説明されても、ボクはよくわからないので、「あ、はい、また来ます。」となってしまいます。

鋭い質問からの売り込み。

一方で、上手な売込をする販売員さんは、こんな聞き方をしてきました。

「どんなことにお使いですか?」

また、こんなことを言われたこともあります。

「お車を購入してから困ったことアンケート結果がありますので、御覧くださいね。」

そこから、ボクが使う用途を掘り下げていくんです。

家族がいるのか、子供がいるのか、駐車場に制約はあるのかなどなど。

それらを確認した後で、「それならばこの車がぴったりですね。」と紹介してくれます。

そこでは機能や性能ではなく、ボクが抱えている問題や要望を解決してくれる手段としての車種を提示してくれるんです。

用途から提案する。

これは、モノを売るときに忘れがちです。

商品の機能や性能の説明が必要なときもありますが、それよりもお客様は「自分の課題をどう解決してくれるの?」ってことが知りたいんです。

薬の例は、わかりやすいですよね。

いきなり「どんな薬が欲しいですか?」と言われても、自分ではよくわかりません。

そこで相手が症状も聞かずに、いきなり薬を渡されても「おいおい、大丈夫か??」と思います。

さらに、その人がおススメする薬に含まれる成分を一生懸命説明されても、困惑しますし。

それよりも、自分の症状を聞いてくれて、それを解決する薬が欲しいですよね。

モノを売るときは、そのことを意識する必要があります。

 

●お知らせ●

新サービスを始めました。

作戦会議 ~アイデアをカタチにします~

 

◆近況報告◆

今日は、娘の習い事、息子の小学校時サッカーチームでの飲み会など。

1日1新:なし

関連記事

オムニチャネルをするのに大事なのは、社内の”オムニケーション”。

マーケティング、その中でも”オムニチャネル設計”を仕事にしているボク。 いろんな事例を

記事を読む

システムをいくら考えても、オムニチャネルは推進できないと思った話。

ボクの中で、小売業オムニチャネルっていうのがキーワードになってます。 なので、オムニチ

記事を読む

目の前の蕎麦を何とかして食べる人でないと、オムニチャネルは構築できない。

オムニチャネルを実現しようとすると、必ず色んな壁にぶち当たります。 そんなときに思うこ

記事を読む

no image

「そこまで細かくやるんですか?」という愚問には、こう答える。

「え??そこまでやるんですか??」 そんなことを言われて思ったこと。 と、ある作業を

記事を読む

人材育成に困っている管理職の方は、この3つを意識すると良いかも。

人材教育もボクの仕事。 ボクも程よくオッサンなので、今後の会社の核になる世代の支援をし

記事を読む

【情報の扱い方】知らないと痛い目をみる。情報発信の順序。

多くの人は知っていますが、情報には3段階あります。 情報の扱い方について考えてみました

記事を読む

銀行員に母親が激怒。あなたの”当たり前”が”当たり前”ではない。

約束の時間に1分遅れてきたら、それは遅刻でしょうか、許容範囲でしょうか? 母、怒る。 先

記事を読む

マーケターの仕事は、自分で売れる仕組みを考えることではない。

マーケティングに限らず、どんな仕事でも”素直さ”は大切です。 ボクも、この歳になって”素直さ”

記事を読む

MA(マーケティングオートメーション)でおさえるポイント。

マーケティングオートメーションでおさえるポイントは、なんでしょう? MA(マーケティングオ

記事を読む

ハコモノの悲劇。リソースがあれば良いってものではない。

EC事業に関わって2年半。 最近、よく考えることがあります。 時間とお金があれば。。

記事を読む

  • ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。

    マーケティングの基本、現場のマーケティング事例を知りたい人に、ちょっと役立つブログです。

    私は、ヨメの重圧と子育ての中、15年間の営業最前線から一転、EC運営子会社へ出向し、今はマーケターとして事業のど真ん中で、WEBも実店舗もひっくるめてマーケティングを設計しています。

    *URLの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態の日々を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑