会社でありがちな戦略遂行の壁。

公開日: : 最終更新日:2017/12/03   ●自分の仕事論!

 

これからのマーケティング戦略をつくっています。

そこで感じた大きな壁があります。

それは、戦略を分析することと、自分たちのオリジナルの戦略を描くこと、そしてそれを実行することは、まったく違う仕事という事実。

 

他社の成功事例をもとに戦略を分析することは、そんなに難しくありません。

分析のフレームワークもいろいろあるし、表面的にわかりやすいこともあるし。

何より、成功している事実があるから、〇〇マーケティングみたいな言葉を作れば、どんな仮説でも最もらしく聞こえます。

そして、ボクだけなのかもしれませんが、そうした成功事例を分析して、何となく上手くいく戦略を理解したような気になります。

 

そして、いざ自分たちオリジナルの戦略を描こうとすると、、、

改めて、これがなかなか難しいことに気が付きます。

STP、4P、SWOT、5FORCE、3C、4Cなどいろんなフレームワークで自分たちの核となるところを決めて、どういったお客様へどんな価値をどうやって届けるかをひたすら考えます。

結果的にそれなりのモノはできますが、それがすべてではありませんし、ようやくスタート地点に立っただけ。

そこから、PDCAを回していくわけです。

 

そして、いざスタート!と走り出して、PDCAをグルグル回そうとすると、それはそれでものすごいパワーが必要です。

関わる人や部署が多ければ多いほど、利害関係が出てきたり、パワーバランスがあったり。

そもそも既存事業が戦略にフィットしない構造であったり、

まあ、”デキない”理由がわんさか出てくる、出てくる。

できることからやろうとするも、ちょっとうまくいかなかったりすると、いろんなところからチャチャが入ってスピード感が無くなり、つぶれていってしまうわけです。

こうしたいくつもの壁がある中で、その壁が低く、チームが一丸となって進めることが、先が読めない時代に生き残るための条件だと思います。

 

●お知らせ●

新サービスを始めました。

作戦会議 ~アイデアをカタチにします~

 

◆近況報告◆

今日は、娘の習い事など。

1日1新:なし

関連記事

あなたは大丈夫?仕事で一番大事なのは、自分の感性ではなく、客観性である。

ボクが仕事で大切にしていることは、「仕事をおもしろくする」こと。 そして、仕事をおもし

記事を読む

アイデアのつくり方を整理してみました。

#861 アイデアのつくり方を整理してみました。 みなさん、こんにちは。 「アイデア

記事を読む

#723 営業は、アンテナ、チューナー、映像+感受性を磨いた方がいい。

  #724 営業は、アンテナ、チューナー、映像+感受性を磨いた方がいい。  

記事を読む

no image

#485 サッカー審判できます。

今日は、朝から夕方まで小学生サッカー協会?による審判講習会。これでボクは、フェアプレーの精神を学び、

記事を読む

そんなお店には入らない。あなたの入口は、入りやすくなっていますか?

ボクの仕事は小売業のオムニチャネル化なので、リアルな店舗が気になって仕方ありません。

記事を読む

娘の勉強での掛け算を見て思ったこと。

娘の勉強で掛け算を見て思ったこと。 誰でもわかる掛け算の仕組み。 カンタンな掛け算。

記事を読む

no image

#242 制約条件があるから人生おもろい

★メルマガ【営業のアイデアレポート】★ 大好評??発刊中! 登録はこちらから!お手数ですが、ぜひよ

記事を読む

あなたのこだわりの持ち方、実は間違えているかも。

仕事にこだわりは大切です。 しかし、そのこだわりが強いが故にうまくいかないこともたくさ

記事を読む

no image

#484 ツライのレベル。

今日は、朝から子供たちと三人で渋谷でお買い物。その後、息子をピアノへ、娘と公園へ。夜は花火に、約10

記事を読む

営業で成果を出すには、理論や数値だけでない部分も大切。

  #773 営業で成果を出すには、理論や数値だけでない部分も大切。  

記事を読む

  • 【3knot-DAYS】へようこそ!

    ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。
    ヨメの重圧と子育ての中、課長以上社長未満で戦略的かつ主体的なサラリーマンを目指す人にちょっと役立つブログです。
    仕事は、WEB戦略プランナー。オムニチャネル戦略も考えたりしています。

    *タイトルの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑