マーケティングの施策アイデアを生み出す方法。

公開日: : 最終更新日:2017/11/14 ◆ 【WEBデジタルの仕事】,   ●マーケティング関連

マーケティングの施策を考えるとき。

「よし!マーケティングの施策を考えるぞ!」と会議室に集まって考えたところで、ロクなアイデアは出ません。

 

ボクの経験上、自分のアタマの中にあるアイデアは、自分では引き出せない!と思っています。

 

そこで有効なのが、「人と話すこと、街をプラプラすること、数字を分解してみること」。

みなさんもご経験があると思いますが、人と話していたり、街のいろんな風景に触れると、フッとそれが引き出されます。

「あ、そういえば、こんなアイデアあったわ」

「それ、この前体験したわ」

みたいに。

自分のアタマの中ではアイデアだとも思っていないことが、実は地味だけど効果のあるアイデアだったりしたことがあるハズです。

 

もうひとつの「数字を分解してみる」というのも、有効です。

売上を分解してみるんですね。

新規とリピーターの割合、2回目購入の割合、一回あたりの購入商品点数、初回購入商品、リピートされやすい商品、自社商品がどれくらいの頻度で利用されているか、どなど。

当たり前のような数値ですが、改めて見直すと「あ、ここのフェーズで、こんな施策できるよね」といったことがアイデアとして引き出されます。

そのアイデアは、自分たちも知っていたけど、やってみたことがないようなアイデアで、やろうと思えばカンタンにやれるものです。

そして、それをすれば、少なくとも新しいことを発見できたり、うまくいくかもしれないんですね。

 

ということで、「施策を生み出す数字の分解」の相談サービス開始します。

 

●お知らせ●

新サービスを始めました。

作戦会議 ~アイデアをカタチにします~

 

◆近況報告◆

今日もいろんな打合せです。

1日1新:なし

 

関連記事

チャレンジ体質に自分を躾けています。

何か新しいことをするための会議で、よく見る光景。 新しいことへの挑戦の大切さは知っている。

記事を読む

「女性向けだからピンク色」という思考レベルは危険。

#825 「女性向けだからピンク色」という思考レベルは危険。 みなさん、こんにちは。

記事を読む

自分では損切りできない事実。だからこそ人に会い、第三者の視点をもらうことが必要。

昨日、ECショップコンサルのKさんにいろいろとお話を伺いました。(Kさん、ありがとうございま

記事を読む

no image

あなたの「正解」に対する考え方はどちらですか?

オムニチャネル戦略を実行すれば、売上が上がるものなんでしょうか? 実際のところ、そんなのやって

記事を読む

今さら聞けない。誰でもできる!キャンペーンの考え方。

ECでも、営業でも、「去年もやったし、今年も12月にキャンペーンを打とう!」と場面があります

記事を読む

no image

やっぱり挨拶は大事です。

挨拶は、とても大切です。 挨拶がシッカリできている人は、仕事でも成果を出せる人だと思います。

記事を読む

no image

システムのバックオフィスを見ていて思ったこと。

Webの設定作業を見ていて思ったこと。 フロントとバックオフィス。 EC事業に来たばかりの時。

記事を読む

「え?そこまでやるんですか??」という一言への対応。

「そこまで細かくやるんですか??」 そんな言葉を聞いて思ったこと。 どこまでメッシュ

記事を読む

no image

頑張っています!というのは本当ですか?

  仕事において、頑張れば成果が出るものでしょうか? 営業の駆け出しの頃の話。

記事を読む

no image

物流会社の送料値上げに対しての企業の対応の違い。

ここ数カ月の間に運送会社の送料が改定があり、通販業界を賑わせています。 EC事業に限ったことで

記事を読む

  • 【3knot-DAYS】へようこそ!

    ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。
    ヨメの重圧と子育ての中、仕事をおもしろくするサラリーマンを目指す人にちょっと役立つブログです。
    仕事は、マーケティングプランナー。WEBも実店舗もひっくるめて、オムニチャネル戦略をやっています。

    *タイトルの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑