気合と根性の時代ではないけど、気合と根性がないとオムニチャネルは構築できない。

公開日: : 最終更新日:2017/04/19 ◆ 【WEBデジタルの仕事】

「オムニチャネル構築したら、売上が上がる!」なんていうのはウソです。

一方で、気合とか根性だけでも売上はあがりません。

気合とか根性で、売上は上がらない?

「気合とか根性で、売上は上がらない。」という主張をよく聞きます。

確かに、気合とか根性だけあっても、仕組みを整えたり、キチンと売り先を考えなければ、売上は上がりません。

ただ、だからと言って「気合とか根性」がいらないということではありません。

個人的には、「気合とか根性で、売上は上がらない。」と言う人は、逆に「気合とか根性を持ち合わせていないだけじゃない?」と思ってしまいます。

オムニチャネルさえ構築すれば。

一方で、「オムニチャネルさえ構築すれば、売上が上がる!」なんていうことも聞きます。

・・・実際はそんなことはないですが。

もちろん、キチンとシステムを組んで、運用にのせて、お客様に価値を提供できれば売上は上がります。

が、すんなりうまくいくことなんて、ほぼあり得ません。

システムを組んでも、その間にテクノロジーが進歩して、出来上がった頃には時代遅れになっていることも考えられますし、運用にのせるにも既存事業や社内のパワーバランスでうまく回らなかったりするのはよくある話です。

両方必要ってことです。

何が言いたいのかといえば、「仕組み」と「気合とか根性」は両輪だよね、ってことです。

完全無欠な仕組みがあれば良いんですが、そんなものはありません。

いろんな穴があり、不具合があり、カンタンに修正できるものから、いろんなことが複雑に絡んでいて一筋縄にはいかないものもあります。

そんなときには、気合や根性がなければ、意地もはれないし、踏ん張りもききません。

仕組みをつくる過程では、「気合とか根性」が必要になる場面があるし、かといって「気合とか根性」だけで走り続けるのは無理な話ですね。

 

◆近況報告◆

今日もいろんな打合せ。

1日1新mt Lab.

関連記事

事業はうまくいくときはうまくいくから、うまくいかないときのためにどうするか?を考えておく。

事業って、思い通りにはいかないものです。 いくら立派な戦略や戦術をつくっても、うまくい

記事を読む

オムニチャネルの中の実店舗の在り方って、なかなか難しい。

オムニチャネルを設計するときに、チャネルの機能をしっかりと把握することです。 提供する

記事を読む

EC事業を伸ばせる会社、伸ばせない会社。伸ばすために必要なのは、相手を論破することではない。

いつも暇さえあれば「EC事業を第三の柱にするには、どうしたらいいのか?」ってこと考えています

記事を読む

掛け算は知っているくせに、実践はしていない。

娘がいよいよ掛け算を勉強し始めました。 一緒に勉強をしていると、「掛け算って、いろんな

記事を読む

システムをいくら考えても、オムニチャネルは推進できないと思った話。

ボクの中で、小売業オムニチャネルっていうのがキーワードになってます。 なので、オムニチ

記事を読む

メンバーのモチベーションを保つために必要な3つの要素。

会社というステージでメンバーにモチベーションを保ってもらうには、3つの要素をバランス良く整え

記事を読む

成長には接点を増やすのが一番!

一年を振り返ってみると、ホントにあっという間。 しかしながら、この1年でもがき苦しみな

記事を読む

新しいことを始めるときにぶつかる壁は、古い仕組みより◯◯かも。

新しい事業が進まない原因の一番は、何でしょう? 捨てるのは難しい。 当たり前ですけど、新

記事を読む

部下の育成に効果絶大。セミナーへ参加させるときの2つのルール。

自分を棚に上げて、チームメンバーに伝えていることがあります。 それは、「アウトプットな

記事を読む

Amazonプライムデーに思う。プロジェクトに必要とされる人、されない人。

先日開催されたAmazonプライムデー。 そこには、「あ~、これだと買いたくなるわ~」

記事を読む

  • 【3knot-DAYS】へようこそ!

    ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。
    ヨメの重圧と子育ての中、課長以上社長未満で戦略的かつ主体的なサラリーマンを目指す人にちょっと役立つブログです。
    仕事は、WEB戦略プランナー。オムニチャネル戦略も考えたりしています。

    *タイトルの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑