仕事をおもしろくする人になりたいので、ボクには常に意識していることがあります。

公開日: : 最終更新日:2016/10/31 未分類

008f3515ca4febdc5b6b9966cb7d9a2f_s

おもしろそうに仕事をしている人を見ていて、「なるほど、そうだよね。」と思ったことがあります。

ボクも、仕事をおもしろくする人になりたいので、それをマネして、常に意識しています。

ということで、ボクが意識していることをエントリー。

仕事での正解の考え方。

学校のテストは、正解が決まっています。

しかし、仕事には正解はありません。

にも関わらず、正解があるものだと勘違いして一生懸命探したところで、見つかるはずがありません。

なぜなら、正解は、自分でつくるものだからです。

正解なんてないんだから、トットと動いて正解を作ろう!と考えている人は、サクサク動いて成果を出しています。

動いて入れば新しい発見や出会いもあるし、成果が出るから、仕事がおもしろくなるのでしょう。

仕事でのスキルの考え方。

スキルは、とても重要です。

そのスキルを身に着けるために必要なのは、なんでしょう?

多くの勘違い(自分も含めて)は、知識ばかりを追い求めてしまうことです。

いくら知識を増やしたところで、スキルは身に付きません。

仕事がデキる人は、知識を使って行動して、初めて血肉になり、スキルが身に付くことを知っています。

知識をため込んでメタボにならず、どんどん使えば成果もでるので、仕事がおもしろくなります。

仕事のオンとオフの考え方。

仕事には、いろいろな問題や課題があります。

それに対して、「休みの日でオフだから考えない」とか、「就業時間でオンだから考えようかな」という感覚はありません。

仕事がデキる人は、それを常に頭の片隅で、その課題や問題に結びつけて考えます。

オンとか、オフとか、そういった感覚がなく、常にいろいろと考えているんですね。

圧倒的に考えているわけですから、モノゴトを多面的にとらえられて、仕事がおもしろくなります。

 

どれもこれも、どこかで聞いたことがあるし、言われてみればその通りだと思うことばかりです。

しかし、自分でこれが当たり前のようにできるかといえば、、、できていません。

だからといって諦めるのではなく、常に意識することで、そのうち自然にできるようになる!と思い込んでいます。

 

◆近況報告◆

今日は、3年後のビジネスモデルを考えます。

1日1新:なし。

関連記事

【要求の本質】顧客はドリル欲しいのではなく、ドリルで開ける穴が欲しい。

改めて「顧客の要求の本質を考えることは大切だなあ」と思うことがよくあります。 ドリルの穴の

記事を読む

【突破】限界を突破する前に、そもそも限界が見えていますか?

昨日は息子の運動会。 朝から場所取り、終日応援、子ども達から元気をもらいました。

記事を読む

情報収集力がある人の2つの特徴。

情報収集力がある人には、特徴があります。 それが、演技と演出をする力です。 一次情報

記事を読む

no image

デジタルマーケティングをするというのは、ビジネス全体を見直すということ。

これからの時代、デジタルマーケティングは不可欠です。 小売業マーケット150兆円のうち、オムニ

記事を読む

仕事が山積みになる理由。

仕事が山積みになってしまうマネージャー。 周りでそういう人を思い浮かべるのは、そう難し

記事を読む

小学生の成績が伸びる12のポイント。それは大人にも当てはまるんじゃない?というお話。

先日、嫁の都合により、息子の通う塾の報告会なるものに参加しました。 男はボクひとり。

記事を読む

社会でデキると言われる人は、モノゴトを分けて考えない。

仕事は、計算通りにいきません。 ほとんど、計算外なことばかり。 学校の勉強のよう

記事を読む

外に出なくて大丈夫?内勤だけど積極的に外に出る理由。

会社には、大きく分けると内勤と外勤があります。 ザックリ言うと、内勤はオフィスの中で仕

記事を読む

あなたの”仕事”の定義は?床屋に行ったら皮肉を言われたことから思ったこと。

”仕事”という定義は、人それぞれ違います。 その違いがあること、そしてその幅があること

記事を読む

自信がなくても、自信があるフリをすると良いことあるかも。

あなたは、自分に自信を持っていますか? ボクは「フリはとても大事だ」と。 全くもって

記事を読む

  • 【3knot-DAYS】へようこそ!

    ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。
    ヨメの重圧と子育ての中、仕事をおもしろくするサラリーマンを目指す人にちょっと役立つブログです。
    仕事は、マーケティングプランナー。WEBも実店舗もひっくるめて、オムニチャネル戦略をやっています。

    *タイトルの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑