部下に言われたうれしい一言。上司の喜びにはタイムラグがある。

公開日: : 最終更新日:2016/10/30   ●中間管理職で思うこと

8d19fb8f35f14bf4b4e31a63ba66dc87_s

とてもうれしかった話。

先日、一緒に仕事をしていたら、他の部署の後輩から言われました。

「仕事がおもしろくなってきました!」と。

悩める後輩A君。

後輩を仮にA君としましょう。

A君は、他の部署にいますが、ある仕事で一緒になりました。

話を聞くと、上司からは「キミには仕事を任せられない。」と言われたそうで、A君の上司からは定型業務しかさせてもらえず、自分の成長を感じられないと相談を受けました。

もちろん、積極性や上司との信頼関係がうまく構築できないA君にも原因があるのかもしれません。

しかし、ボク個人的には、一生懸命コツコツと仕事をこなし、積極性は内に秘めるタイプだと感じました。

うれしい一言を言われました。

そこで、組織をまたいだ仕事で一緒になったとき、彼を中心に仕事を回すことにしました。

彼に伝えたのは、「この仕事は、今後、会社で施策を組立てるときに重要な意味を為すよ。」という仕事の意義、そして、組立て方と優先順位のつけ方です。

なかなか難しい仕事だったんですが、ものすごく生き生きとした様子で、仕事に躍動感を持って進めるA君。

正直、そこまでシッカリと仕事をするとは思いませんでした。

そして、A君から冒頭のように言われたんです。

「おかげさまで、仕事がおもしろくなってきました!」と。

ボクは、その言葉にものすごく喜びを感じました。

喜びのタイムラグ。

営業のころは、自分で動いて、売上上がった!→うれしい!と、喜びにタイムラグがありません。

一方で、人に任せて進める仕事は、任せた→なかなか結果が出ない。。→自分でやった方が早いし、自分でやりたい。イライラ。→・・・でも任せよう。→成果が出た!らしい。→報告してくれた!→自分もうれしい!と成果が出てから喜びを感じるまでにタイムラグがあります。

そして、そこにタイムラグがあるからこそ、ボクは嬉しさに深みを感じました。

「おもしろい仕事はない。仕事をおもしろくする人がいるだけだ。」

これは、ボクがいつも仕事の中で大切にしていることです。

それを、感じてもらえたことが、何よりボクの中でうれしいことです。

そんな仕事の仕方って、とてもステキだ!とオジサンながらに思いました。

 

◆近況報告◆

今日は、家族でお出かけなど。

1日1新:なし。

関連記事

「部下がチャレンジしない」と嘆く上司のあなたができること。

自分を棚に上げて言うと、メンバーには仕事で新しいことにチャレンジして欲しいと思っています。

記事を読む

Hな思考。

 #643 Hな思考。 こんにちは。小嶋です。 このところ業務改善のことばかり考えて

記事を読む

「どうしたら売上が上がるのか?」売上が上がらないときに、経営陣が手を付ける2つのポイント。

会社の会議などで「どうしたら売上が上がるのか、ちゃんと考えているのか?」と発破をかけられるこ

記事を読む

会社員は布団圧縮袋に学べ。

 #660 会社員は布団圧縮袋に学べ。 こんにちは。小嶋です。 昨日は大雪でしたが、

記事を読む

頑張っているのに、何で認めてくれないんですか?

「頑張っているのに、なんで認めてくれないんですか?」と言う人がいます。 この意見は、正

記事を読む

【組織を強くする】業務改善についてみんなが誤解していること。

新しいフェーズに進むためには、業務改善が必要です。 業務改善にはいろんな問題や混乱が伴

記事を読む

no image

今年、チームの戦闘力を上げるための3つの方針。

  今年は、自分が預かるチーム(部署)の戦闘力を上げるために、いろんなことを試します

記事を読む

no image

#354 ファースト上司。

今日は、終日新入社員と営業同行。若い世代はいいですね!いろんな新しい感覚を知り、勉強になりました!

記事を読む

こんな課長や部長がいたら、あなたは応援したくなりますか?

仕事は、人と人の間にあります。 さらに、一人でできる仕事には限界があります。 会

記事を読む

「部下が辞める」上司のあなたはどう考えますか?

部下からこんな話があることも多いかと思います。 「会社、辞めようと思います。」

記事を読む

  • 【3knot-DAYS】へようこそ!

    ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。
    ヨメの重圧と子育ての中、課長以上社長未満で戦略的かつ主体的なサラリーマンを目指す人にちょっと役立つブログです。
    仕事は、WEB戦略プランナー。オムニチャネル戦略も考えたりしています。

    *タイトルの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑