【マーケティング施策のヒント】花屋さんがリピート率を圧倒的に上げる方法。(思いつき)

公開日: : 最終更新日:2016/10/28   ●マーケティング関連

2b561c61c2995122ed907e88e904738c_s

仕事柄、飲食店、パン屋さん、花屋さんみたいな小売店はもちろん、ヨメの使っている化粧品やアパレル通販などが、どんな施策をやっているのか?にものすごく興味があります。

自分自身でモノを買うときも、「なんでそこで買おうと思ったのか」「なんでまたそこで買おうと思ったのか」といった思考の流れや心理的なハードルを客観的に考えるようにしています。

そんな一人のオッサンのマーケティングの視点に興味を持つ人は少ないかもしれませんが、せっかくなので「あ、これはうまいな~。取り入れよう!」とか、「こうしたらおもしろいかもな」と思った施策を紹介するシリーズです。

今回は、花屋さんの施策で「こうしたらおもしろいな~」と思いついたこと。

顧客データの持ち方。

顧客リストは、商売の命です。

これに異論がある人はいないと思います。

その顧客リストには、顧客データとしていろんな情報が紐付けられています。

性別、年齢、住所、職業などなど。

お店は、そのデータを元に、お客様が喜ぶようなことを考えます。

例えば小売店で多いのは、誕生日。

「誕生日おめでとうございます!今月は10%OFFです!」みたいな施策は、よくありますよね。

どこのお店でもやっていますし、ボクの関わる事業でもやっていて、それなりに効果はあります。

花屋さんがリピートを上げる方法。

ここで、ふと考えてみました。

「もし、花屋さんでこれをやったらどうなんだろう??」

花屋さんのリピート率はどれくらいあるのかはわかりませんが、リピートをしてもらえたらいいですよね。

ここで、リピートをしてもらうためにお客さまの誕生日を聞いたとしましょう。

しかし、「今月はあなたの誕生日なので、花が10%OFFで買えます!」と言われても、「おお、自分のために買えて嬉しい!」という人はいないでしょう。

なので、リピートをしてもらうために、どういった施策を打っているのかわからないので、ちょこっと調べてみました。

すると、「接客をよくしよう!」「次回ご利用10%OFF!」「次回ラッピングサービス!」「店内を明るくしよう!」「花言葉をわかりやすく説明しよう!」みたいな施策が多いようです。

さて、あなたが花屋さんならリピートをしてもらうために、どうするでしょう?

花屋さんがリピートを上げる方法。

ボクであれば、こんな顧客データをもらいます。

それは、「本人の誕生日」ではなく「大切な人(奥さん、子供、親など)の誕生日や記念日をお書きください。」と。

そう、花というのは、大切な人との記念日や誕生日に贈るものですよね。

だから、「接客をよくしよう!」「次回ご利用10%OFF!」「次回ラッピングサービス!」「店内を明るくしよう!」「花言葉をわかりやすく説明しよう!」といった施策は、あまり意味がありません。

それよりも、リマインドをしてくれて、かつ気の利いた花を作ってくれて、かつ前月1週間前までの申込で5%OFFなどのオファーを出したら、注文してくれる可能性がきっと高くなるはず。

ボクなら「なんて気の利く花屋さんなんだろう~」と感心してしまいます。

さらに事前に注文を貰えるので、花屋さんのリスクであるロス率も減ります。

これは、飲食店や洋菓子店でも使えますよね。

これからは、本人の誕生日ではなく、大切な人との記念日を顧客データとして持つことで差をつけられるかもしれません。

 

 

◆近況報告◆

今日は、新しいパートナー企業の選定、会食など。

1日1新:なし。

関連記事

事業をつくるのっておもしろい。

    #718 事業をつくるっておもしろい。 こんにちは。コ

記事を読む

あなたのお店は、お客様アンケートを真剣に考えていますか?

お客様へのアンケートは、とても大切です。 では、本当にアンケートに答えてもらおうとして

記事を読む

no image

#418 お客様に戦略は関係ない。

今日は、ワタシがリスペクトする元上司と大口顧客へ営業同行。自分で新規開拓して、いろんな方々に大変お世

記事を読む

どこまで考えを広げられるかで成長の度合いが変わる。

お客様からのお問合せや質問をされたときに、どこまでを仕事を考えていますか? その領域に

記事を読む

オムライスを作り続けると、娘に好かれて、主夫のマーケティングセンスが鍛えられる。

主婦目線は、商品やサービス開発の宝庫です。 主夫目線でも同じことが言えます。 そ

記事を読む

【ブーム】流行りよりも定番が大事。

ブームは、ブームによって消されます。 商売をするときは、ブームに乗ろうとせずにしっかり

記事を読む

下北沢カレーフェスティバルに学ぶ。競合との競争は共創である。

下北沢での商売をみていると、そこらの本を読むよりも、肌感覚でマーケティングを学ぶことができま

記事を読む

【士業マーケティング】意外と知らない?士業のマーケティング戦略の組み立て方。

先日、司法書士の高杉さんとランチしました。 高杉さんとは、幅広い情報交換でいろんなアイ

記事を読む

オムニチャネル初心者の担当者必見。オムニチャネルは、合コンに例えて考えるとうまくいく。

小売業界では【オムニチャネル】【CRM】というキーワードが流行っています。 昔はお店で

記事を読む

no image

#487 売りにいくより来てもらう。

今日は、昨日の大問題を整理してしていたら、もっと大きく発展し、座っての作業に慣れていないボクは、お尻

記事を読む

  • 【3knot-DAYS】へようこそ!

    ご訪問ありがとうございます!
    本ブログは、2012年4月28日より日継続中。
    ヨメの重圧と子育ての中、戦略的に会社員をしている人にちょっと役立つブログを目指しています。
    仕事は、WEB制作・マーケティング、卸小売業のオムニチャネルを考えたりしています。

    *タイトルの「3knot」とは、「サン-ノット」と読み、会社、子育て、月額お小遣い制などの大人の事情で、「行動したいけど行動できない。変わりたいけど変われない。」という状態を、船のゆっくりとしたスピードで表現しています。

    ご自由な形でご利用ください!

  • ブログ更新を通知いたします!
    (登録の翌日更新分からです)

PAGE TOP ↑